リーガ バルセロナ

メッシ「得点王は重要じゃない。これまで以上にハングリーに」

写真提供: Dugout

 19日に行われたラ・リーガ最終節で、バルセロナはアラベスに5-0の大勝を収めた。2ゴール1アシストの活躍で勝利に貢献したFWリオネル・メッシは、試合後に今シーズンを振り返ってコメントを残している。

 前節でレアル・マドリードの優勝が決まり、2019/20シーズンは2位に終わったバルセロナ。メッシは今季25得点で4年連続最多7度目の得点王に輝くも「重要なことじゃない」と優勝を果たせなかった悔しさを滲ませ、「チームの姿勢とコミットメントがこの先に重要」と強調した。バルセロナは次戦チャンピオンズリーグ(CL)ナポリとの試合を8月に控える。

「今日の試合は重要なものになった。チームの姿勢やコミットメントが良く表れていた。この先に向かうための重要なステップだ。僕たちは一度頭をクリアにして、これまで以上にハングリーになって戻ってくることが重要。僕たちは表でないところで自己批判して反省した。良いシーズンにはならなかった。物事は変えられることを示していく」

「得点王は重要なことじゃない。リーグ優勝をしたかった、残念だったよ」

 メッシの上記コメントの様子がこちら。(表示されない場合はこちら