その他

意外と多いサッカー界の2世選手。親の七光りとは言わせない!

写真提供: Gettyimages

先日、ミランのトップチームデビューを飾ったイタリア人MFダニエル・マルディーニ。ミランのレジェンドであるパオロ・マルディーニ氏の息子だ。当然、祖父はチェーザレ・マルディーニ氏ということになる。親子3世代で同じクラブのユニフォームを着たサッカー選手となった。

3世代に渡ってサッカー選手と言うケースは、サッカー界の中ではレアケースだ。ただ、親子2代に渡ってサッカー選手と言うのは珍しくない。今回は、ともにサッカー選手の経歴を持つ6組の親子をご紹介する。


写真提供: Gettyimages

ジャスティン・クライファート

アヤックス、そしてバルセロナのレジェンドであるパトリック・クライファート氏。その息子がジャスティン・クライファートだ。

父はアヤックス時代にCLを優勝に貢献。バルセロナでもリーグ優勝を成し遂げた。EURO2000では得点王にも輝き、オランダ代表歴代3位の得点数を記録している。

息子のジャスティンは、各年代のオランダ代表で活躍。父と同じくアヤックスでプロデビューを果たした。2018年夏にはローマへ移籍。CLのビクトリア・プルゼニ戦ではゴールを決め、ローマにおけるCL最年少得点者となった。


写真提供:Gettyimages

ティモシー・ウェア

昨夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンからリールに移籍したティモシー・ウェア。父親は“リベリアの怪人”と呼ばれミランなどで活躍したジョージ・ウェアだ。

父は、素晴らしいドリブルとスピードの持ち主で1995年バロンドール賞を受賞。アフリカ人で初めて受賞した選手となった。なお現在は、リベリアの大統領を務めている。

アメリカ国籍の息子ティモシ―は、アメリカ代表として2018年にA代表デビュー。同年5月に行われたボリビア代表戦で初得点も記録している。


写真提供:Gettyimages

カスパー・シュマイケル

マンチェスターユナイテッドで活躍したデンマーク代表GKピーター・シュマイケル。その息子がカスパー・シュマイケル。

父ピーターはユナイテッド時代、年間最優秀ゴールキーパーを2度も受賞。1998/1999シーズンではUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を含めた3冠達成に大きく貢献している。

息子のカスパーは現在レスター・シティの守護神として活躍。日本代表FW岡崎慎司らとともに、「ミラクルレスター」と呼ばれる奇跡のプレミア・リーグ優勝に貢献した。今シーズン好調のチームを守護神として最後方から支えている。


Previous
ページ 1 / 2