その他 マンチェスター・ユナイテッド

フットボール・インフルエンサー、トム・ノーラン。独占インタビュー

写真提供: トム・ノーラン

イギリス出身のトム・ノーラン(通称:TNFreestyle)は、SNSをベースに活躍するフットボール・コンテンツ・クリエーター(フリースタイラー/フットボール・インフルエンサー)だ。

自身がSNSで発信するサッカー動画をきっかけに、アディダスとのコラボがスタート。マンチェスター・ユナイテッドのトレーニングや、ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズにも参加してきた他、今では世界中の一流スポーツ選手と仕事をし、様々なキャンペーンに関わっている。

フットボール・インフルエンサーってどうやってなるの?どんな生活と日々を送っている?アディダスとのコラボレーションって?ユナイテッドのトレーニング?

このインタビューでトム・ノーランは、フットボール・インフルエンサーと呼ばれるまでの経緯や実態、夢を追うことの大切さについて詳細に明かしてくれた。聞き手はフットボール・トライブのダビデ・ウッケッドゥです。お楽しみください。


フットボール・インフルエンサーまでの道のりと日々

まず自己紹介をお願いします

トム (以下 T):トム・ノーランといいます。TNfreestyle(ティ・エヌ・フリースタイル)として知られています。自分の職業はなんと言っていいのかわかりませんが、周りからはフットボール・インフルエンサーやインターネットスターと呼ばれています。サッカーの動画コンテンツを制作し、ここまで全てのSNSプラットフォーム合計で、20万人以上のフォロワーと4000万ビュー以上を達成しています。

そもそものサッカーとの関わりについて教えてくれますか?

T:物心ついた頃からサッカーをして育ちました。友人たちと技の練習をしたり、トレーニングや試合に参加したりなどして。子供の頃から技術的に恵まれたフットボーラーと言われていたのですが、14歳のある日嫌になって、もうプレーしないと決めたんです。振り返ると、相当なプレッシャーを感じていたのだと思います。期待に答えるため、サッカーを楽しめなくなりました。

でも完全にやめたわけではなかった。それでも毎日練習していました。ただ、チームのためにプレーすることから、新しいスキルを身につけて周りの友人を驚かせることに焦点が変わっていきました。

フリースタイラーになったきっかけはなんですか?

T:昔から『The F2』(フリースタイル・フットボーラーのビリー・ウィングローブとジェレミー・リンチのコンビ)のファンでした。2人から学んだ技がたくさんあります。彼らのYoutube動画を見て、失敗せずにできるようになるまで練習しました。

習得した新しい技を見せると、友人たちはいつも驚いて最高のリアクションでした。サッカーであんなクレイジーな動画を作って、The F2は最高の仕事をしているなと思いました。彼らのおかげで僕は再びサッカーに夢中になり、彼らと同じ道を歩みたいと思ったのです。

僕は自分の動画を作って、The F2に送りはじめました。彼らはいつも「才能があるから頑張って続けて」と言ってくれました。まさか、数年後にビリーとジェレミーが僕の人生を変えるきっかけになるとは思ってもいなかったことです。

写真提供: トム・ノーラン

サッカーのプロ選手になることは考えたことがありますか?

T:もちろん、サッカーが大好きなすべての子供と同じようにプロになりたかったです。年を重ねるに連れて「一番にならなければならない」というプレッシャーでかつてのように楽しめなくなり、やめてしまいました。

でも、こうなって良かったです。もし今、プロ選手になるか今僕がやっていることをするかの選択を迫られたとしても、必ずTNFreestyleを選びます。今やっている全ての瞬間が楽しい。動画をこんなに幅広いオーディエンスにオンラインで共有し、影響を与えられること。これは子供の時から夢に見ていた全てです。毎晩見る夢を追いかけて、一番楽しいことをするべき!

最も思い入れのある動画や、制作のこだわりについて教えてください

T:流行ってきたサッカー動画が一番気に入っていますが、全ての動画がサッカーが好きではない人が見ても「ワオ!凄い!」となるレベルであることを心がけています。実際、コンテンツにはこだわりが詰まっています。アイディアは最高中の最高のものでなくてはならないし、撮影は毎回完璧でなければならない。何か一つでもズレればゼロからやり直さなければならない!

自分が作る動画に誇りを持つのはとても大事なことで、今のところ毎回それぞれの動画が前回より出来が良くて、良いアイディアだったと思えます。時にはいくつかの動画の閲覧数が未だに信じられないこともあります!

詳細にこだわって手がけた作品が拡散されていくのは嬉しいです。ありがたいことに、セレブレティやプロサッカー選手などからもたくさんのサポートを受けていて、それは自分が歩んでいる道が間違ってないという確信にもなるし、ベストを尽くし続けるための励みにもなります。

どんなユーザーからのどんな反応が多いですか?

T:若いサッカーファンが一番多いと思いますが、それ以外にもあらゆる層の強力なフォロワーがいますね。珍しいことですけど。オンラインで受ける反応はいつも最高で、自分の動画にはプライドをかけているので嬉しいです。

僕は他のインフルエンサーのように毎日投稿しているわけではないし、毎月もしないくらいですが、それでもコンスタントにクレイジーな数字になります。おそらくユーザーは待つ価値があると思ってくれていて、僕は今のところ期待を裏切っていません!

1日にどれくらいボールに触れていますか?どんな日々を過ごしていますか?

T:僕がセレブのような生活をしていると思っている人が多いですが、正直に言って普通の生活です。週5日数時間のトレーニングをします。鈍ってないことを確認し、技を磨き、ターゲットに向かってシュートを打つ。そうしていれば、良いアイディアが浮かんだ時にすぐ動けます。 

特に直近の動画を投稿した後からは、外でも常に気づかれるようになり、どこに行っても動画を見て応援してくれている人と会うようになり、愛を浴びているような日々を過ごしています。最高の気分だし、これからも同じように応援し続けてもらえるように、また彼らそれぞれが自分の夢を追いかけられるように、もっともっと頑張りたくなりますね。

Previous
ページ 1 / 4

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。よろしくお願いします。

筆者記事一覧