リーグアン 移籍

ムバッペ、レアルよりリバプール移籍を選択?

キリアン・ムバッペ 写真提供: Gettyimages

 パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペがリバプールへ移籍する可能性があるかもしれない。27日、米メディア『ESPN』が伝えている。

 昨年夏の移籍市場でレアル・マドリード行きの噂が浮上したムバッペ。PSGとの契約を2022年まで残しているものの、契約延長の姿勢は見せておらず同クラブ移籍が噂されている。そんな中、フランス人ジャーナリストのジュリアン・ローレンス氏がムバッペのリバプール移籍の可能性について語った。

 ムバッペの獲得に最低でも2億5300万ポンド(約303億円)が必要と言われているがローレンス氏は「リバプールはそれを払う理由がある。さらに彼が望む給料を払うことが出来れば、彼はそのオファーを考えない日はないだろう」とコメント。また、マドリードでプレーすることが夢と報じられていることについて「彼は21歳だ。リバプールに移籍してからでもマドリードでプレーする時間がある。事実彼はプレミアリーグでもプレーしたと思っている」とリバプールへの移籍の可能性は高いと予想している。

 果たして、ムバッペはフランスを離れどのクラブへ移籍することになるのだろうか。その動向に注目が集まる。