その他 ALL

ラモス、ボヌッチ…ここ10年で嫌われ者になった7人のサッカー選手

写真提供: Gettyimages

サッカー選手は大きな影響力を持った存在だ。選手のスパイクやプレースタイルを、サッカーをプレーするファンが真似することはよくあることだ。身につけるものや言動など、多くのものがサポーターに影響を与える。

そんなサッカー選手だからこそ、誤った言動や不可解な言動をとると、瞬く間に悪い印象を持たれてしまうことがある。

今回は、誤った言動や不可解な言動により、ここ10年間で嫌われ者になってしまった選手たちをご紹介する。


写真提供:Gettyimages

レオナルド・ボヌッチ

通常のディフェンダーにはない精確なパス能力を武器に、ユベントス、そしてイタリア代表の主力選手として活躍しているボヌッチ。同選手が嫌われる原因となってしまったのがミランへの移籍だ。

2017年夏の移籍市場でミランへ移籍したボヌッチ。幼い頃からのユベントスサポーターであることを隠していない同選手の移籍はサッカー界に驚きを与えた。ミランではキャプテンを任され、試合の中でリーダーシップを見せる場面も多かった。

しかし、わずか1年後にあっさりとユベントスへ出戻り移籍。ミランサポーターから総スカンを食らうことになった。また、ライバルクラブへ移籍し、あっさりと出戻ったボヌッチに対して、ユベントスサポーターも不信感を露わにしていた。


写真提供:Gettyimages

ネイマール

ネイマールが嫌われる選手となってしまった要因は様々だ。シミュレーションともとられかねない過剰なアピール(ロシアワールドカップでは顕著だった)、お金を優先したと思われても致し方ないパリ・サンジェルマンへの移籍。ピッチ内外での振る舞いなど様々だ。

チームメイトに迷惑をかけてしまうような態度や、競争心の欠如といった、サポーターからするとイラっとしてしまう振る舞い。これらが積み重なり、ネイマールへのヘイトが2018年のW杯で頂点に達したのは間違いないだろう。多くのサッカーファンが、ネイマールのプレーや振る舞いを揶揄していた。


写真提供: Gettyimages

セルヒオ・ブスケツ

ブスケツが嫌われてしまった背景には、バルセロナというクラブが世界的に見ても稀有なレベルで成功を収めたことがあるだろう。2008年から2012年にかけて、バルセロナは獲得できるすべてを勝ち取ったと言っても過言ではない。

そんなバルセロナは、他クラブのサポーターから嫉妬ともとれる憎悪の対象になることが少なくなかった。その中で、ブスケツが見せるシミュレーション的な振る舞いがその憎悪をさらに増幅させてしまったのだろう。2010年4月のチャンピオンズリーグ(CL)インテル戦で、チアゴ・モッタを退場処分に陥れたプレーなど、他クラブのサポーターからヘイトを集めてしまった。


Previous
ページ 1 / 2