リーガ バルセロナ

コリャード、ファティ、安部…バルサの新世代が現れた!

写真提供: fcbarcelona.com

バルセロナが最強のチームになったのはユースの素晴らしい仕組みのおかげです。しかし、この数年はイニエスタ、プジョルなど、バルサのゴールデンジェネレーションの選手はクラブを離れたり、引退したりしたりしているのに、新世代もなかなか現れない状況だった。

しかし、この2019年には期待できそうな選手がポツポツ出てきました。2週間前、バルセロナB対アトレティコ・レバンテの試合で、コリャードが取った得点をご覧になりましたか。この素晴らしいゴールは世界中話題になった。世界のメディアはこのゴールを見て「メッシらしい神技」と語った。見てない方は是非ご覧ください。

現在、アレックス・コリャードは20歳です。バルサのスクールに入ったのは10歳の時だった。今年の5月、セルタ・デ・ビーゴ戦でデンベレと交代し、初めてトップチームでデビューを果たした。

しかし、彼の特徴はメッシと少し違います。彼はどっちかというと、セントラル・ミッドフィルダー気味で、アトレティコ・レバンテを相手に取った得点がなければ、シャビまたはイニエスタに比べられていただろう。

写真提供: fcbarcelona.com

期待できそうなのはファティだけではない

コリャードの前にバルサBのスターはアンス・ファティだった。コリャードより、彼の方がメッシのようなプレーをするタイプ。今年の夏はトップチームとの契約を交わした。2019/2020年ラ・リーガ第2節で、カルレス・ペレスと交代し、デビューを果たした。16歳298日の年で、クラブ史上2番目の若さだった。2012年バルサのユースに入って、たくさんの怪我でそんなに目立ちませんでしたが、ビクトル・バルデス監督の下で力を発揮し始めた。

また、バルサのユースに来たばかりだが、安部裕葵も期待すべき選手の1人です。彼のスピード、ドリブルとガッツは輝いている。しかし、彼はまだまだこれからです。ポテンシャルが測りきれない。まだ20歳なのに左サイド、右サイト、そしてセカンドストライカーとしてもプレーできる非常にフレキシブルな選手。未来が楽しみです。

その他にもリキ・プッチ、アレハンドロ・マルケス、アベル・ルイス、カルレス・ペレスがいる。今年の若手は以上に頼もしく、バルサの新しいゴールデンジェネレーションだと思われてもおかしくないと思います。

写真提供: Gettyimages

この数年ユースからトップチームに上がる選手が少なかった

最近バルサのユースで育てられ、トップチームに上がった選手が以上に少なくなった。2018年4月、16年ぶりにバルサはセルタ・デ・ビーゴ相手に、ユースで育てられた選手なしで、試合に挑んだ。

バルサというクラブはどんどん大きくなり、お金を動かせるようになったせいで、ユースの選手ではなく、強いクラブから選手を集め始めた。そのせいでクラブのフィロソフィーがどんどんズレて、少しずつ一体感をなくしたと思う。そのズレを感じさせられる取引は2013年のティアゴ・アルカンタラの取引です。彼はバルサのユースに育てられ、未来のシャビと言われていたにも関わらず、3年トップチームで活躍してからバイエルン・ミュンヘンに移籍した。

フィロソフィーが変わったバルサはスペイン国内で活躍できても、最近ヨーロッパででは結果を出せなかった。しかし、クラブは今の状況がよくないと理解し、ヨハン・クライフが監督だった時のコンセプトに戻ろうとしている。ユースの選手の素質は間違いなく高いので、これからのバルサはもう一度輝くようになるだろう。

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

はじめまして、ダビデです。
14年前に来日したイタリア人で、フットボール・トライブの設立メンバーの一人です。6歳の時におじさんは初めてミランの練習に連れてってくれて、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターになりました。アビスパ福岡でイタリア語通訳として勤めた経験もあります。日本語は母国ではないので、たくさんミスするかもしれません。しかし、自分の言葉でコンテンツを書きたいです。日本語がおかしくても面白いコンテンツ保証します。
よろしくお願いします。