セリエA 海外日本人選手

【前編】冨安が見習うべき?セリエAでプレーした日本人選手たち

日本時間9日にボローニャが日本代表DF冨安健洋の獲得を発表した。女子選手を含めると、15人目のセリエAでプレーする選手となる。そこで今回は、これまでにセリエAでプレーした日本人選手をご紹介する。


三浦知良

セリエA初の日本人選手となったキングカズこと三浦は、1994年にジェノアへ加入。当時会長を務めていたスピネッリ氏は、三浦が日本で残した成績に驚いたと言われている。三浦のセリエA挑戦に対する日本での注目度は高く、フジテレビはジェノア戦を全試合放送していた。

フランコ・スコリオ監督は開幕節から三浦をスタメンに抜擢。相手が前年度覇者のミランだったこともあり、大きな注目を集めた。しかし、フランコ・バレージと激突した三浦は鼻骨を骨折し、眼窩系神経を損傷。ジェノアもシーズンに2部降格が決まり、三浦はヴェルディ川崎に復帰した。


中田英寿

三浦がイタリアに渡った4年後に中田がペルージャへ加入した。1998年ワールドカップでの中田の活躍に当時会長だったガウッチ氏が惹かれたと言われている。ペルージャで活躍を見せた中田は2シーズン後にファビオ・カペッロ監督が率いていたローマに移籍。本来のポジションでプレーする機会は少なかったが、多くのアシストを記録した。

ただ、これからがセリエAでの中田最大のハイライト。2001年5月6日に行われたユベントス戦だ。試合は、優勝争いを繰り広げていたユベントスを相手に2-0で押される展開。しかし、フランチェスコ・トッティに代わって中田が投入されるとロングシュートをネットに突き刺し反撃の狼煙をあげる。すると、今度は中田のシュートのこぼれ球をビンツェンツォ・モンテッラが押し込んで、同点に追いついた。このシーズン、ローマはリーグ優勝を果たしている。その後、中田はパルマ、ボローニャ、フィオレンティーナでプレーした。


Previous
ページ 1 / 2