リーガ クラブワールドカップ

ラモス、CWC決勝でのブーイングに言及…「僕らはもっと敬意を表されるべき」

 レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがUEFAクラブワールドカップで浴びたブーイングについて語った。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 クラブW杯で前人未到の3連覇を果たしたマドリード。UAEで行われた同大会の決勝戦は4-1で勝利し、ラモスも74分に訪れた右CKの場面でヘディングシュートを決め勝利に貢献した。

 しかし、試合中はラモスがボールを持つと観客が激しくブーイング。同紙によると、昨年のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でリバプールと対戦した際にエジプト代表FWモハメド・サラーを負傷退場に追い込んだことが今回のブーイングに繋がっていると伝えている。

 そんなラモスは試合後、ブーイングを受けたことに以下のようにコメントした。

◆セルヒオ・ラモス

「僕らは自分たちで設定した目標を達成した。それはCLを優勝することであり、3年連続でクラブW杯を獲ることだった。こういうかたちで2018年を終えられることを誇りに思うよ。

ブーイングは不可解だった。だからゴール後にあのセレブレーションをやったんだ。僕らはもっと敬意を表されるべきだと思う。僕らは全てのタイトルのためにピッチで戦っている。だから『マドリーは死んでいる』なんて思われたくない」

 ラモスが行ったゴールセレブレーションはこちらから。(45秒~)