海外日本人選手

堂安律、長友佑都所属のガラタサライが獲得興味か?

フローニンゲンMF堂安律 写真:@fcgroningen

 日本代表DF長友佑都が所属するガラタサライが、フローニンゲンの日本代表MF堂安律の獲得に興味を持っているようだ。トルコ紙『Turkiyegazetesi』が報じている。

 先日、レバークーゼンからの関心が報じられた堂安。そして今回、日本人選手の獲得を目指していると報じられていたガラタサライも獲得に興味を持っているようだ。

 同紙によると海外挑戦1年目で10ゴール3アシストという活躍を高評価しているよう。トルコ代表のレジェンドのMFの名前を出し「中盤ならあらゆるところでプレーができる。エムレ・ベロゾールに似ている」と伝えられた。

 早くも複数クラブからの関心が報じられた堂安。今冬、日本代表MFの動向に注目が集まる。