Other Editions

この夏の“最も儲けたクラブ”と“お金を使ったクラブ”。2017/2018移籍市場の収支ランキング

2017/2018移籍市場の収支ランキング

2017/2018移籍市場の収支ランキング 写真提供:Getty Images

儲けたクラブ同率9位:アーセナル

アレックス・オックスレイド=チェンバレン 写真:liverpoolfc.com

収入:8600万ユーロ
支出:6000万ユーロ
収支:+2600万ユーロ(約34億円)

アレックス・オックスレイド=チェンバレンをリバプールに放出したアーセナルが儲けたクラブ9位にランクイン。アレクサンドル・ラカゼットを5300万ユーロで獲得したものの、チェンバレン(3800万ユーロ)、ボイチェフ・シュチェスニー(1220万ユーロ)、ガブリエウ・パウリスタ(1100万ユーロ)、キーラン・ギブス(750万ユーロ)の放出で黒字に乗せている。

お金を使ったクラブ10位:ハダースフィールド・タウン

ハダースフィールド・タウン 写真提供:Getty Images

収入:700万ユーロ
支出:5500万ユーロ
収支:-4800万ユーロ(約62億円)

お金を使ったクラブ10位にはプレミアリーグ昇格組のハダースフィールド・タウンがランクイン。マンチェスター・シティから獲得したアーロン・ムーイを筆頭に、8選手を移籍金を要して獲得した。一方で目立った放出はなかったため、支出がほとんどまるまる赤字となっている。

< あわせて読みたい >
世界各国の美しすぎるサッカー美女サポーターたち
2017年最新サッカー高額移籍金ランキング
サッカー史上、最も“酷い”デザインのユニフォーム13選

< Previous
Page 1 / 11