CL/EL チャンピオンズリーグ

2020/21チャンピオンズリーグ再開!予想オッズからラウンド16の見どころを紐解く

写真提供:Gettyimages

いよいよ2月17日からUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝ラウンドが始まる。ヨーロッパの王者を決める白熱した戦いが再び戻ってくるわけだが、どの出場クラブも各国のリーグ戦では調子を上げているケースが多く、ラウンド16から見逃せない顔合わせが多い。

上記が2020/21シーズンのラウンド16の組み合わせだ。今回はこのラウンド16で相対する2チームのどちらが次に勝ち上がるのか、『Sky Bet』のオッズを参照しその見どころについてご紹介したい。なおオッズについては2月13日時点の情報から抽出した。


ロナルド・クーマン監督(バルセロナ)マウリシオ・ポチェッティーノ監督(PSG)写真提供:Gettyimages

バルセロナ vs パリ・サンジェルマン

バルセロナ勝利:1.9倍
パリ・サンジェルマン勝利:1.8倍

メガクラブ同士の対戦が早速実現することとなった。グループステージ最終戦でユベントス相手にホームで痛恨の敗戦を喫し2位通過となってしまったバルセロナ。この敗戦を引きずらずにまずは1stレグに挑むことだろう。開幕の不調から脱することに成功したもののリーグ戦ではアトレティコ・マドリードに独走され、ラ・リーガ制覇に黄色信号が点灯した今、チャンピオンズリーグの奮起に期待したい。対するパリ・サンジェルマンはバルセロナ戦を前にアンヘル・ディ・マリアとネイマールを負傷により失う難局にいる。チームの核となる主力選手の離脱をどのように乗り越えるかマウリシオ・ポチェッティーノ監督の手腕が試される。予想オッズ上ではどちらにもラウンド8進出のチャンスがある。


ユリアン・ナーゲルスマン監督(ライプツィヒ)ユルゲン・クロップ監督(リバプール)写真提供:Gettyimages

ライプツィヒ vs リバプール

ライプツィヒ勝利:3.5倍
リバプール勝利:1.28倍

ブンデスリーガの強豪として完全に板についたライプツィヒ。グループステージではマンチェスター・ユナイテッドに競り勝って見事にラウンド16に駒を進めた。今シーズン特にディフェンスラインの完成度が高く、リーグ戦21試合消化してたった18失点しかしていない。屈指の攻撃力を誇る3トップを擁するリバプールをどのように攻略するだろうか。対するリバプールは年明け以降不甲斐ない戦いが続いており、1968年以来となる本拠地アンフィールドで3連敗を喫した。こうした状況の中、どのようにユルゲン・クロップ監督は立て直しを図るだろうか。予想オッズではリバプールが優勢だが、正直イーブンな戦いになることは安易に予想できる。


セルジオ・コンセイソン監督(ポルト)アンドレア・ピルロ監督(ユベントス)写真提供:Gettyimages

ポルト vs ユベントス

ポルト勝利:4.0倍
ユベントス勝利:1.22倍

安定した戦いぶりでグループステージを突破したポルト。グループステージ第5節のマンチェスター・シティ戦ではいつもの4バックではなく5枚のディフェンスラインを構築して相手が攻めるスペースを消しクリーンシートを達成させた。ホーム戦では無失点でグループステージを終えることができたことは大きな収穫になるだろう。次なる相手はユベントスとなる。対するユベントスはグループステージ最終戦でバルセロナ相手にアウェイながら0-3で退け首位通過を決めた。監督として率いるアンドレア・ピルロは監督キャリアとしての浅さは否めないが戦術の選択肢を持ち合わせ最適解を見つけるのが上手い印象がある。またそれに対応できる選手が多い点ではこうしたチャンピオンズリーグでも十分発揮されることに違いない。予想オッズ通り手堅くユベントス優勢といくだろうか。

Previous
ページ 1 / 2

名前:秕タクオ

国籍:日本
趣味:サッカー、UNO、100均巡り
好きなチーム:プレミアクラブ全般、京都サンガ

サッカー観戦が日課のしがないサラリーマンです。かれこれ週末にはキルケニー片手にプレミアリーグやJリーグを中心に観戦をしております。10年くらい前から海外サッカーに没頭し、当時最先端だったフレッツ光プレミアムを経由しFMVで速報を見てました。バルセロナ時代のトゥーレ・ヤヤ、アーセナル時代のトマーシュ・ロシツキー、ウォルクスブルク時代のエディン・ジェコとグラフィッチのコンビ、トッテナム時代のギャレス・ベイルなんかがとても好きでした。まだまだ素人目線のサッカーバカですが少しでもお楽しみいただければ幸いです。

筆者記事一覧