リーガ バルセロナ

バルサFW安部裕葵、トップチーム昇格の可能性!?スペインメディアが予想…

安部裕葵 写真提供: Gettyimages

 現地時間11月9日、バルセロナはスペイン代表FWアンス・ファティの左ひざの手術とそれに伴う約4カ月間の離脱を発表した。スペイン『90min』は同クラブがファティの離脱の穴を埋めるためにリザーブチームであるバルセロナBから1名を選抜すると予測している。

 同メディアによるとトップチームに呼ばれる可能性のある選手はアメリカ人FWコンラッド・デ・ラ・フエンテ、ブラジル人FWグスタボ・メイヤ、スペイン人FWアレックス・コリャード、そして日本代表FW安部裕葵とみられているようだ。

 また、同メディアは安部について「日本の希望の星であり、久保建英と共に日本代表を支える存在となるだろう。現在は怪我をしているが、あと少しで復帰する予定だ」と紹介している。

 ここでは安部のインタビューを振りかえろう。憧れの選手など、複数の質問に答えている。(表示されない場合はこちら

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧