セリエA ユベントス

「勝ちたいならクソ野郎にならなきゃ」元ユーベDFリヒトシュタイナー、コンテの指導について語る

ステファン・リヒトシュタイナー 写真提供: Gettyimages

 8月12日に引退を発表した元ユベントス所属DFステファン・リヒトシュタイナーはイタリアの『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の特集インタビューに応じ、サッカー人生を振り返った。

 右サイドバックとしてタフネスを発揮し続けたリヒトシュタイナー。同選手は自分の荒っぽいプレーについてこう語った。「私はピッチ内とピッチ外で性格が全く違います。試合中にライバルに嫌われていたことはわかっていました。わざと汚いプレーをしたこともありますね。今思うと申し訳ない気持ちです。しかし、ユベントス時代にコンテ監督に”勝ちたいならクソ野郎にならなきゃいけない”と言われていました」

 また、ユベントス時代については「このクラブでのプレーは素晴らしい経験になりました。デル・ピエロ、ブッフォン、ピルロ、素晴らしい選手のプレーを見て多くのことを学びましたね」

 これからリヒトシュタイナーはどの形でサッカー界に戻るのだろうか?

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧