プレミアリーグ アーセナル

セリエAからの関心が絶えないアーセナルMFトレイラ、本人も復帰に前向き?

ルーカス・トレイラ 写真提供: Gettyimages

 セリエAの複数のクラブがアーセナルに所属するウルグアイ代表MFルーカス・トレイラに興味を示しているようだ。7日、英紙『ミラー』が報じている。

 トレイラは今季公式戦で39試合に出場し2ゴールを記録している。同選手はシーズン当初こそ主力選手としてプレーしてきたが、3月に負傷で戦列を離れるとスペイン代表MFダニ・セバージョスの台頭もあり復帰後はベンチに甘んじている。

 報道によると、トレイラ本人は継続的な試合出場を希望しており、かつてブレイクを果したセリエAの復帰に前向きの様子だ。一方、アーセナルも補強資金の捻出が期待出来ることからトレイラの退団希望を受け入れる模様。

 現在24歳のこの守備的MFを巡っては、ACミラン、フィオレンティーナ、トリノなどが獲得に関心を寄せている。果たして2018年に2200万ポンド(約30億円)でサンプドリアから加入したトレイラは、わずか2年でイングランドの地を去ってしまうのだろうか。同選手の今後の動向に注目が集まっている。

名前:Ma Sho

筆者記事一覧