その他 代表チーム

クラブでは圧倒的レジェンド。代表では結果を残せなかったスターたち

ライオネル・メッシ 写真提供: Gettyimages

一流クラブで大活躍する選手が必ずしも代表チームでも結果を出せるとは限らない。とてつもない勝利をクラブで重ねたスター選手が、国を背負ったワールドカップやユーロなどで優勝を獲得できずに引退したケースも少なくない。

今回はバルセロナ、ミラン、レアル・マドリードなどで多くのタイトルを手にしたが、代表チームで結果を出せていないスター選手をご紹介する。

パオロ・マルディーニ 写真提供: Gettyimages

マルディーニ

ミランのレジェンドであるパオロ・マルディーニは自分のバイオグラフィーで自身のことを「失敗作」と自嘲し、代表経験についてこう語っている。「イタリア代表選手として多くの素晴らしい選手とプレーしたが、何も優勝できなかった。それがきっかけとなり、2006年ワールドカップ前にリッピ監督から連絡が来た際に代表選手の座を譲ることにしたんだ。そして、私が出場しなかった大会でイタリア代表は優勝。運が良いとは言えないね」

確かにマルディーニはついていない。ワールドカップの決勝トーナメントでは3回のPK戦に敗北(1998年の準々決勝、1990年の準決勝、そして1994年の決勝)。2000年のユーロではゴールデンゴール(延長戦の勝利チーム決定方式の1つ)で負けた経験もある。

レジェンド級の活躍を見せたマルディーニが、バロンドールをに手が届かなかった理由でもある。

リオネル・メッシ 写真提供:GettyImages

メッシ

リーガ10回、チャンピオンズリーグ(CL)4回、クラブワールドカップ3回など、リオネル・メッシは数え切れないほどのタイトルをバルセロナで手に入れた。ブラウグラナ(バルセロナの愛称)の歴史の中で最もゴールを生み出した男でもある。

しかし、同郷のレジェンド、ディエゴ・マラドーナに並ぶためには足りないタイトルが1つある。それがワールドカップ優勝だ。

メッシは代表の試合において、スペインで見せている活躍ができていない。特に無得点に終わった2010年のワールドカップが印象的だ。

アルゼンチン代表チームのクオリティーは原因の1つだろう。弱いチームではないがヨーロッパの名門代表チームと比べると、力の差がはっきりと見える。(特に守備の面では)

Previous
ページ 1 / 2

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。よろしくお願いします。

筆者記事一覧