プレミアリーグ マンチェスター・ユナイテッド

【マンU】フレッジの今季成績がお見事!ついに本領発揮?

写真提供: Gettyimages

2018年夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドの一員となったブラジル代表MFフレッジ。76億円ともいわれる移籍金を費やして獲得されたが、1年目のパフォーマンスはそれに見合うとは言い難いものだった。

しかし、今シーズンのフレッジは明らかに昨シーズンとは違う。シャフタール・ドネツク時代のような甘さを見せないプレーで、ユナイテッドの中心選手となっている。

今回はそんなフレッジの活躍ぶりを示す7つのデータをご紹介する。


写真提供:Gettyimages

攻撃面

今シーズンのフレッジは、オープンプレーから69回のチャンスを演出している。これはユナイテッドの中で最も多い数字となっている。

フレッジはチャンスを演出しているだけではない。攻撃のスイッチを入れる選手にもなっている。今シーズンはファイナルサードに140本ものパスを供給している。

今シーズンのフレッジは、プレッシャーをも苦にしない。被プレス時に337本のパスを通している。

また、フレッジはチームメイトからの信頼も集めているようだ。ボール保持回数221回は、トップ6のMFの中で最多の数字だ。


守備面

フレッジの献身性は数字に表れた。彼は今シーズンのユナイテッドの中で、最も広範囲のピッチをカバーしている。

今シーズンのフレッジよりもタックルを成功させているのは、守備の天才アーロン・ワン=ビサカただ一人。中盤の守備力が大幅に向上した。

フレッジのプレッシャーは迫力だけでなく、精確性にも優れている。今シーズンは188回の正確なプレスを記録している。