セリエA ミラン

解任されたボバンが恨み節「北朝鮮のような独裁」驚きの暴露も…

ズボニミール・ボバン氏(右)写真提供: Gettyimages

 ミランを退団したズボニミール・ボバン氏が、同クラブへの批判を展開した。イタリアメディア『イル・ジョルナーレ』が伝えている。

 2018年にチーフ・フットボール・オフィサーとしてミランの幹部となったボバン氏。しかし、今シーズンに入ってからイバン・ガジディスCEOとの対立が噂され、ミランは7日に同氏の解任を発表した。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューを理由に、ミランを去ることになったボバン氏。クラブへの不満や疑念を隠すことができないようだ。以下のように語っている。

ズボニミール・ボバン

「私たちが、北朝鮮のような独裁政権の中にいることに気づけなかったよ。私の(ガゼッタに対する)インタビューは法的に問題ない。組織内の状態について聞かれたから、事実を伝えただけだ。

 彼らはラングニック(ミランが次期監督候補に挙げているとされる人物。現在はレッドブルグループのスポーツ・ディレクターを務めている)との取引を12月にはまとめていた。

 彼の幸運を祈りたい。ただ、彼ら(ミラン)は、私にも(このことを)話しておくべきだった。知らされるに値する立場にいたはずだ

 ボバン氏が明言したことが事実であれば、冬の移籍市場での補強は次期監督であるラルフ・ラングニック氏の意向が反映された可能性が高い。ボバン氏の暴露により、新たな問題が浮上する可能性が高いと予想できる。はたして、ミランのお家騒動はどういった結末を迎えるのだろうか。