セリエA ミラン

レンティーニの不思議な人生。移籍金世界最高額の元ミラン選手がハチミツ専門家に?

ジャンルイジ・レンティーニ 写真提供: Gettyimages

引退後のサッカー選手が歩む道は様々だ。指導者を目指す人もいれば、エージェントの資格を取る人もいる。また、試合の解説者としてテレビで活躍するレジェンドや、サッカースクールを開く人も大勢いる。

かつてトリノやミランに所属していた元イタリア代表ジャンルイジ・レンティーニ(2012年現役引退)は、サッカーとは全く別な道を歩み、イタリア国内で話題となった。彼は現在、地元のピエモンテ州カルマニョーラ市でハチミツを作る会社を設立し、運営している。

1992年には当時の移籍金世界最高額(約30億円)でミランに移籍したほどの選手が、なぜサッカーを離れた全く異なる生活を選んだのだろうか?これまでの人生を振り返りながら、現在のレンティーニの暮らしに迫る。

ジャンルイジ・レンティーニ 写真提供: torino.corriere.it

トリノ時代

レンティーニはトリノのユースからサッカー選手としてのキャリアを開始し、1986年11月23日に17歳でトップチームでデビューした。1988/1989シーズンはセリエBのアンコーナにレンタル移籍していたが、その経験が彼のリーダーシップ質を着実に成長させたという。

1989/1990シーズン、セリエBに降格したトリノに戻ったレンティーニは、スタメンとして戦うようになり、若干20歳にしてチームのエースとなった。彼によってトリノは2部リーグで優勝し、セリエAに再び戻ることができた。

1990/1991シーズン、トリノはセリエA5位という素晴らしい結果でシーズンを終え、大活躍で話題となったレンティーニはイタリア代表に選ばれることとなった。

当時トリノを率いていたエミリアーノ・モンドニコ監督は「世界中を探してもレンティーニほどのウイングは見つからないだろう。彼はこれからも上達するに違いない」と語っていた。

Previous
ページ 1 / 2

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。よろしくお願いします。

筆者記事一覧