プレミアリーグ マンチェスター・シティ

マンCが、リバプールの独走を許してしまった3つの理由

写真提供: Gettyimages

ここ数シーズンのプレミアリーグにおいて、頭一つ分抜きんでた存在がマンチェスター・シティとリバプールだ。シティは一作シーズンと昨シーズンにプレミアリーグを連覇。リバプールはそのシティに食らいつき、終盤戦まで熾烈な優勝争いを演じた。昨シーズンはリーグ優勝こそ逃したものの、チャンピオンズリーグ(CL)のタイトルを手にしている。

そんな両者だが、今シーズンはリーグ戦において明暗が分かれている。昨シーズンまでリーグを連覇したシティは、すでに首位のリバプールに勝ち点22差をつけられてしまっている。首位を独走するリバプールは、早ければ3月1日のワトフォード戦で優勝を決めることになる。

ともに世界最高レベルの力を持った両クラブ。どこでこれだけの差がついてしまったのだろうか。今回は、シティがリバプールの独走を許している3つの理由をご紹介する。


写真提供: Gettyimages

主力選手の負傷

マンチェスター・シティほどのクラブになれば、多少の負傷者が出ても戦えると判断する人は少ないかもしれない。ただ、今シーズンのシティが失ったアイメリク・ラポルテとレロイ・サネは、穴を埋める選手を探すのが難しい存在だ。リバプールで言えば、モハメド・サラーとフィルジル・ファン・ダイクを同時に失った状態と言えるだろう。

そのような状況下で、リバプールが現在のように首位を独走することができただろうか。その可能性は低いだろう。特に、ラポルテの離脱は痛い。ディフェンダーとしての能力が極めて高く、リーダーシップを発揮できる。バンサン・コンパニを失ったチームにとって、キャプテンシーを見せることのできる選手は貴重だった。

また、サネがいないことでラヒーム・スターリングが左サイドで試合に出場しなければいけないことが多くなっている。同選手が最も輝きを放つのは右サイド。リヤド・マフレズが頑張りを見せているが、サネのディサイシブな働きと同じものを求めるのは難しい。

この両選手に加えて、ダビド・シルバ、セルヒオ・アグエロ、ジョン・ストーンズ、バンジャマン・メンディ、オレクサンドル・ジンチェンコ、エデルソン・モラレスといった選手たちが負傷の影響を受けた。リバプールも負傷者が少ないわけではない。ただ、サディオ・マネ、サラー、ファン・ダイク、ロベルト・フィルミーノといったチームの根幹を担う選手たちは一度も長期離脱していない。アリソン・ベッカーが離脱した際も、アドリアンがその穴を完璧に埋めることができた。


Previous
ページ 1 / 2