プレミアリーグ リーガ

ロドリゴ、レアル加入前にリバプールからのオファー拒否していた!

ロドリゴ 写真提供:Getty image

 レアル・マドリードのU-23ブラジル代表FWロドリゴが、同クラブ加入前に昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)王者であるリバプールからのオファーを拒否していたようだ。7日、米メディア『ESPN』が伝えている。

 今夏、サントスから移籍金4500万ユーロ(約54億円)でマドリードに加入したロドリゴ。そんな同選手の獲得にはリバプールからのオファーもあったとのこと。元ブラジル代表MFでサントスのコーチを務めていたエラーノ氏が同メディアのインタビューで明らかにしている。

エラーノ

「リバプールからかなりの関心があった。ユースチームの時からロドリゴを獲得しようと動いてたけど、金額が低すぎた。

そのあとにマドリードから話がきた。サントスとも話しあって、若手選手がそこでやってみる価値があると彼には話したよ」

 そしてロドリゴはマドリード行きを決断。CL王者からのオファーは金額面で合意まで至らず、断っていたようだ。

 また、現在ブラジル・サンパウロ州のインテルナシオナルで監督を務めるエラーノ氏はロドリゴの少年時代について「彼の才能は幼い頃から明らかで、たくさんのトリックを持って素晴らしいプレーを見せていた。サントスのトップチームに行くのは時間の問題だった」と語った。

 ロドリゴは6日に行われたCLグループステージ第4節のガラタサライ戦で3ゴール1アシストの大活躍。CLのブラジル人最年少ゴール記録を更新し、キックオフから6分14秒で2ゴールを決めCL史上最速記録を成し遂げた。
 

現役時代ネイマールともプレーしたエラーノ氏(左) 写真提供:Gettyimages