リーグアン モナコ

ムバッペ古巣のモナコ前副会長「レアル移籍は近づいている」

キリアン・ムバッペ 写真提供:GettyImages

 モナコの前副会長バディム・バシリエフ氏によれば、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペは、将来的にレアル・マドリードに移籍するようだ。フランスメディア『Telefoot』が同氏のインタビューを伝えている。

 20歳ながら世界的クラブPSGで確固たる地位を築いているムバッペ。今シーズンは負傷で出遅れたものの、それを取り戻す活躍をすでに見せている。バシリエフ氏は、そのムバッペの去就について言及し注目を集めている。

 ムバッペが世界に名を轟かせたクラブであるモナコの前副会長は、以下のように語っている。

バディム・バシリエフ

「彼は私に“まだ(フランスを去るには)早すぎると深く感じているんだ。母国では1年しかプレーしていない。僕はパリジャンだし、こんな感じで母国を去りたくはないんだ。ここで偉大な選手になりたいんだ。レアルは待ってくれる”と語ったよ。

 レアル移籍は近づいている。ただ、彼は私に感じていることを伝えてくれたし、正しいと思っている。

 私は彼に“彼らは訪ねてくる。サンティアゴ・ベルナベウ全体が君の加入を喜んでくれるだろう。それをいちいち確認する必要もないんだ”と伝えたよ」