セリエA ミラン

努力という2文字で片付けてはいけない。ボリーニという男の生存戦略

写真提供: Gettyimages

著者:菊池大将

 ミランに所属するイタリア人FWファビオ・ボリーニという選手をご存知だろうか。日本国内では、サッカーにそれなりの情熱を捧げる方なら知っている方も多いだろうが、知名度はそこまで高くない選手だ。

 このボリーニという選手からは多くのことが学べると私は考えている。これはサッカー選手を目指す人だけではなく、学生や社会人など多くの人にとってだ。まず、ボリーニという選手について軽く説明しておきたい。

 ボリーニは2007年にチェルシーのスカウトにより引き抜かれ、16歳でユースチームに加入。リザーブチームでスタメンを勝ち取った。エリートと呼んでもいい選手だ。しかし、彼は一流選手と呼ばれるグループに入ることはできなかった。リバプールなど、ビッグクラブでプレーした経験もあるが、基本的にはバックアッパー(サブ)として起用されていた。

 そのボリーニがミランにやってきたのが2018年夏のこと。買い取りオプション付きのレンタルで加入し、1年後には完全移籍を果たす。

Previous
ページ 1 / 3