セリエA

今季が飛躍の年になる?セリエAの新進気鋭ヤングスター5選

EURO2012で決勝に進出して以降、苦しい戦いを続けているイタリア代表。しかし、どんなに苦しい時期にも終わりはあるものだ。フェデリコ・キエーザやニコロ・ザニオーロといった若手が台頭し、少しづつ復活の兆しを見せつつある。そこで今回は、イタリア代表を完全に復活させるポテンシャルを持った、セリエA新進気鋭のヤングスターをご紹介。今シーズンが飛躍の年になるかもしれない。


サンドロ・トナーリ

クラブ:ブレシア

年齢:19

ブレシアが誇る「ピルロ2世」は現在のサッカー界において、最もホットな才能だ。1部リーグでの経験がない選手が、ここまでもてはやされることは稀だ。

トナーリは自身のスキルでブレシアのセリエA昇格に大きく貢献した。今シーズンにトップリーグで結果を残せば、ビッグクラブに引き抜かれることは間違いないだろう。

トナーリのボールキープ術と、そこからの正確なキックは一見の価値がある。ただ、ピルロとの明確が違いがあるとすれば、フィジカル面だろう。試合を通して安定すれば、活躍は間違いない。


アンドレア・ピナモンティ

クラブ:ジェノア(ローン)

年齢:20

インテル下部組織の最高傑作になれる逸材がピナモンティだ。フロジノーネを残留に導くことはできなかったが、その能力に疑いの余地はない。

彼の能力で特に優れているのが、いわゆるゴールへの嗅覚。適切なタイミングで適切なポジションを取り、ディフェンダーとの駆け引きに勝利するタイプだ。

ピナモンティのスタイルはインテルのエースストライカー、マウロ・イカルディによく似ている。


Previous
ページ 1 / 2