Jリーグ ガンバ大阪

ガンバ大阪、次なる成長戦略を考える

著者:秕タクヲ

ここ1ヶ月ガンバ大阪の選手の出入りが顕著だ。

田中達也の大分トリニータ行きの発表を皮切りに、オ・ジェソク(FC東京)、ファン・ウィジョ(ボルドー)、中村敬斗(→トゥウェンテ)、藤本淳吾(→京都サンガFC)と立て続けに移籍情報がリリースされた。まさか今野泰幸までもジュビロ磐田へ移籍するとは。正直驚きを隠せない。

シーズンオフ並みの人員整理のテーマは「世代交代」であるように思われる。5月頃から見られる大胆なシステム変更や若手起用とともにチームは降格圏を脱出し、現在リーグ11位と上位進出の機会を虎視眈々と狙っている。更にはルヴァンカップもベスト8に進出。ここもタイトルを狙いたいところだ。

この世代交代はある意味、現行システムが合格点に達したことと同時に、さらなる一手でチーム力の底上げを狙いに行くという宮本恒靖監督の断固たる決意の現れではないだろうか。

しかし、それにしても放出が多すぎる。特に、チームの重要職の1つであるウィングバックに欠員が出ていることは明らかだ。右ウィングバックは戦列に復帰した小野瀬康介とおそらく米倉恒貴で宮本監督は考えてるだろう。問題は左だ。現状ファーストチョイスは中村敬斗だったが、この夏海外挑戦を決意。藤春廣輝を充てたいところだが、現在怪我のため戦力としてまだ見込めない。

そんなにわかに表面化されつつある問題を思案し、いくつかの選択肢をここで提案したい。


Previous
ページ 1 / 4