リーグアン プレミアリーグ

新天地がなかなか決まらないラビオ、やはりプレミアが有力か?

アドリアン・ラビオ   写真提供:Getty Images

 パリ・サンジェルマンのMFアドリアン・ラビオの新天地はプレミアリーグが有力のようだ。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 今シーズンでPSGとの契約が切れるラビオ。チームとの関係は悪化する一方で、ラビオはリザーブチーム送りに。今夏のフリーでの退団はほぼ確実なものとなっている。

 そんなラビオの争奪戦はバルセロナが有力視されていたが、同チームはアヤックスMFフレンキー・デ・ヨング獲得。これ以上MFの数を増やしたくないバルセロナは、ラビオの獲得から手を引いたと報じられている。

 ラビオの獲得にはプレミアからリバプールやトッテナム・ホットスパーなど複数クラブからの関心が報じられている。中でも元PSGの指揮官ウナイ・エメリ監督が指揮するアーセナルが有力視されているが、果たしてラビオの新天地はどのクラブになるのだろうか。