その他

グレミオやボカが勝利。リベルタドーレス準々決勝1stレグ結果

エスタディオ・リベルタドーレス・デ・アメリカ写真提供:Getty Images

 日本時間21日に行われたコロコロ対パルメイラスの試合で、準々決勝1stレグの全4試合が終了した、コパ・リベルタドーレス。準決勝進出をかけた戦いには、ブラジルから3クラブ、アルゼンチンから4クラブ、チリから1クラブが駒を進めた。

 アルゼンチンのアトレティコ・トゥクマン対ブラジルのグレミオの対戦は、アウェイのグレミオが2-0で先勝。前回王者のグレミオはエべルトンとアリソンがゴールを記録。トゥクマンは前半終了間際にゲルバシオ・ヌニェスが一発退場になり、後半を10人で戦い得点を奪えなかった。

 インデペンディエンテがホームにリーベル・プレートを迎えたアルゼンチン勢同士の対決は0-0の引き分けに。インデペンディエンテがボールを握る時間が多かったものの、最後までゴールネットを揺らすことはなかった。

 アルゼンチンのボカ・ジュニアーズ対ブラジルのクルゼイロの一戦は、2-0でボカが勝利を収めた。マウロ・サラテとパブロ・ペレスが得点し、75分にデデが退場したクルゼイロに完勝した。

 チリのコロコロ対ブラジルのパルメイラスの試合は、アウェイのパルメイラスが2-0で勝利を収めた。ブルーノ・エンヒキが試合開始早々に得点すると、試合終盤にもドゥドゥがゴールネットを揺らして勝利を決定づけた。終始ボールを支配していたコロコロだったが、98分にダミアン・ペレスが退場となる後味の悪い試合となった。

 準々決勝2ndレグは、10月3日、4日、5日にそれぞれ行われる。