ALL

2018/2019シーズンの『最高なユニフォーム』トップ20。あなたの意見は?

今シーズンが始まる前にご紹介した本記事(2018/2019シーズンの『最高なユニフォーム』トップ20)だが、シーズン終盤を迎え皆さんの意見はどうだろうか?今回はアンケート形式で読者の皆さんの意見を伺いたい。

英誌『Four Four Two』でGreg Lea氏が特集した「2018/2019シーズン着用予定のユニフォーム:ワースト17」はこちらから!


20位:アーセナル(アウェイ)

2019/2020シーズンからアディダスと契約しているアーセナル。プーマによって作成された最後のアーセナルのユニフォームになるかもしれない。ホームユニフォームは良いとは言えない出来だったが、私たちはアウェイユニフォームを気に入っている。

アーセナル

Vote to see the results
30% - 276 votes
31% - 343 votes
32% - 331 votes
31% - 122 votes
32% - 43 votes


19位:リバプール(ホーム)

リバプールは昨季と同様、暗い赤をベースにしたユニフォームを採用。CL決勝に進出した勝利の方程式を維持することにしたようだ。2017/2018シーズンをうまく維持しながらも、微妙に変化させることに成功している。首元のデザインをもっとアップグレード出来ていたら、もっと素晴らしかっただろう。

リバプール

Vote to see the results
32% - 406 votes
32% - 307 votes
30% - 260 votes
31% - 133 votes
30% - 48 votes


18位:ユベントス(ホーム)

ユベントスはストライプの本数を昨季の6本から今季は3本に変更。リスクの高い決断だったが、成功したと言える。クリスティアーノ・ロナウドをモデルにした以上、人気を損なうことは出来ないだろう。

ユベントス

Vote to see the results
32% - 459 votes
30% - 302 votes
32% - 218 votes
32% - 93 votes
32% - 37 votes


17位:オリンピック・リヨン(ホーム)

比較的なシンプルなデザインだが、リヨンの伝統的な3色を綺麗に活かしたユニフォームに仕上がっている。赤いショルダーパッドも傑出しており、青いスポンサーのロゴもデザインに合っている点もボーナスポイントだ。

リヨン

Vote to see the results
30% - 115 votes
31% - 177 votes
31% - 284 votes
32% - 241 votes
32% - 84 votes


16位:ダービー・カウンティ(ホーム)

全体的にシンプルなデザインを採用したことで、アンブロのマークが入った袖が強調されている。不必要に大きいスポンサーのロゴは低評価。

ダービー

Vote to see the results
30% - 152 votes
32% - 185 votes
30% - 251 votes
32% - 187 votes
30% - 81 votes


15位:ニューカッスル(アウェイ)

ダヴィド・ジノラやレス・ファーディナンドが活躍している時代を思い起こさせる。スポンサー、ニューカッスル・ブラウン・エールの復活がないことだけが惜しい。

ニューカッスル

Vote to see the results
32% - 61 votes
32% - 96 votes
30% - 182 votes
31% - 301 votes
32% - 139 votes


14位:ハダースフィールド・タウン(ホーム)

昨シーズン最後の3試合でこのユニフォームを採用し、非常に強かった。シンプルで印象的なデザインは1970年代に使用されたものだ。

ハダースフィールド・タウン

Vote to see the results
31% - 34 votes
31% - 61 votes
30% - 203 votes
30% - 288 votes
30% - 104 votes


13位:バイエル・レバークーゼン(アウェイ)

1989年のUEFAカップ優勝から30周年を記念したユニフォームとなった。白いキャンパスに赤と黒の対角線のピンストライプは素晴らしい。

レバークーゼン

Vote to see the results
30% - 127 votes
31% - 251 votes
31% - 218 votes
31% - 136 votes
31% - 24 votes


12位:ローマ(ホーム)

CLで準優勝したリバプールより暗い赤を採用。黄色の襟はアクセントとなり、グラフィックデザインは古代ローマの兵士が着用している鎧のようだ。

ローマ

Vote to see the results
31% - 299 votes
32% - 329 votes
30% - 168 votes
32% - 46 votes
32% - 15 votes


11位:ガラタサライ(ホーム、アウェイ)

伝統的かつ特徴的な半分ずつの黄色と赤色。不必要なグラフィックパターンがない綺麗なデザインだ。袖を反対の色にしている点も素晴らしい。良い仕事だ。

ガラタサライ

Vote to see the results
32% - 253 votes
30% - 304 votes
30% - 173 votes
31% - 76 votes
32% - 22 votes


10位:インテル(ホーム)

誰もがサッカーではミスを犯す。本当に大切なのはミスを犯してからだ。昨季はバーコードのような酷いユニフォームを作成したインテル。今季は古典的な黒と青のストライプに戻り、ゴージャスになった。インテルは学んだ。我々が望むような形で。

インテル

Vote to see the results
32% - 374 votes
31% - 300 votes
30% - 174 votes
30% - 22 votes
30% - 15 votes


9位:ティグレス(ホーム)

これは言葉で説明することが難しい。あまりに多くのスポンサー(4つのロゴ)をジグザグの模様が入ったデザインで見事に入れた。ただ、美しいとは言えないかもしれない。

ティグレス

Vote to see the results
31% - 104 votes
30% - 155 votes
30% - 216 votes
31% - 154 votes
32% - 40 votes


8位:クリスタル・パレス(ホーム、アウェイ)

トッテナムサポーターならフェード効果(グラデーション)を正しく使うことが難しいということを知っているだろう(トッテナムのユニフォームはワースト1位となった)。しかし、クリスタル・パレスは見事に使いこなした。

クリスタル・パレス

Vote to see the results
31% - 74 votes
32% - 106 votes
32% - 167 votes
31% - 222 votes
32% - 128 votes


7位:チェルシー(ホーム)

1つのクラブカラーで毎年異なるユニフォームを製作することは難しいはずだ。チェルシーの2018/2019シーズンはアイデンティティを保ちながら、赤と白の水平線で新しい要素を混ぜ合わせた。素晴らしい。

チェルシー

Vote to see the results
31% - 339 votes
30% - 275 votes
32% - 158 votes
31% - 66 votes
32% - 26 votes


6位:ウォルバーハンプトン・ワンダラーズ(ホーム)

ウルブスが久しぶりにプレミアリーグに戻り、大型補強を敢行している。しかし、今夏の最も喜ばしいことは古典的なイギリスのユニフォームが作成されたことだ。より軽く、伝統的な金の色合いに戻った。ただ、灰色のスポンサーのロゴは少し不快だ。

ウルブス

Vote to see the results
32% - 159 votes
30% - 207 votes
32% - 194 votes
32% - 93 votes
32% - 19 votes


5位:ボカ・ジュニアーズ(ホーム)

ボカ・ジュニアーズのユニフォームを捻るのは難しい。幸いにもナイキもそれをしていない。2018/2019シーズンのユニフォームは何も革命的なことはないが、それで良いのだ。古典的なデザインを失う必要はないだろう。

ボカ・ジュニアーズ

Vote to see the results
31% - 252 votes
30% - 219 votes
31% - 171 votes
30% - 44 votes
30% - 16 votes


4位:アストン・ビラ(ホーム)

近未来のライフスタイルとフットボールのクロスオーバー(融合)を見せているのかもしれない。アストン・ビラは英国の衣類ブランド『Luku 1997』で努力を重ねてきた。赤紫色(ワイン色)の美しいハーモニーは共存し、袖と襟はどちらもエレガントでクラシックだ。昨季と比べて予約販売の売上高が180%増えたことも納得である。

アストン・ビラ

Vote to see the results
31% - 80 votes
30% - 135 votes
31% - 225 votes
30% - 113 votes
32% - 32 votes


3位:フラム(ホーム)

2018/2019シーズン、プレミアリーグのベストユニフォームだ。1990年代後半からインスパイアされたこのデザインは、黒と白のバランスが最適と中央の水平線をみればわかるだろう

フラム

Vote to see the results
31% - 108 votes
30% - 163 votes
32% - 242 votes
32% - 87 votes
30% - 16 votes


2位:サンプドリア(ホーム)

サンプドリアは伝統的なユニフォームのカタチを持っている。この象徴的なデザインは決して古くはない。青をベースに白、赤、黒の線が中央を横切ったデザインはクラブのシンボルだ。

サンプドリア

Vote to see the results
31% - 149 votes
32% - 152 votes
30% - 184 votes
32% - 135 votes
31% - 39 votes


1位:カイザー・チーフス(ホーム、アウェイ)

南アフリカのクラブは2つの素晴らしいユニフォームを作成した。まず「伝統的な槍を上へ突き刺し、動きと統一感を作り出す」ホームユニフォーム。2つめは紫をベースに、肩に黒、襟、エンブレム、ナイキのマークに金色があしらわれた。どこで買えるのか。是非欲しいユニフォームだ。

カイザー・チーフス

Vote to see the results
31% - 317 votes
30% - 142 votes
32% - 210 votes
30% - 204 votes
30% - 110 votes