ワールドカップ

【TRIBE RATINGS】W杯グループステージ ポーランド対セネガル:セネガル編

大会:ロシアワールドカップ
カード:ポーランド対セネガル
対象チーム:セネガル
スコア:1‐2
担当者:ペペ土屋( @PPDOLPHINS
※最高点を10、最低点を1として採点。標準的な活躍を6とする。
※出場時間が短い選手は採点なし。


カディム・エンディアイェ

採点:6.5

極めて安定したパフォーマンスで、クロスボールに対する判断もよく、シュートストップにも安心感があった。


ムサ・ワゲ

採点:6.0

グロシツキとマッチアップし、忙しい日になった。たびたび裏をとられることもあったが、ピンチには至らず。スピードを活かした攻め上がりでもチームに貢献した。


サリフ・サネ

採点:6.5

中央で強固な壁となり、クリバリとともにレバンドフスキをシャットアウト。抜群の空中戦の強さを発揮してセットプレーではターゲットとしても威力を発揮した。


カリドゥ・クリバリ

採点:6.5

一度軽率な対応からピンチを招いたが、それ以外では終始安定したプレーでポーランドを跳ね返し続けた。最終ラインからボールを運んで攻撃に厚みをもたらした。


ユスフ・サバリ

採点:6.5

インターセプトからタイミングのいい攻撃参加など、左サイドでアクティブに活動し、守備面でもブワシュチコフスキを抑え込んだ。


アルフレッド・エンディアイェ

採点:6.5

中盤の底で守備に安定感をもたらし、ディフェンダーの前でゲイェとともにバイタルエリアを締めた。ロングボールで攻撃の基点にも。


イドリッサ・ゲイェ

採点:7.0

先制点を誘うミドルシュートでチームの勝利に貢献。ディフェンダーと中盤をつなぐ役割を担い、特に守備面では自分のポジションを失うことなく、しっかりとスペースを埋めてポーランドにプレーさせなかった。


イスマイラ・サール

採点:6.0

右サイドでスピードを活かした突破でチャンスを演出。守備でもきちんと自分の役割をこなし、ポーランドの左サイドを停滞させた。


エムベイェ・ニアン

採点:7.0

前線で攻撃の基点となり、独特なリズムのドリブルでポーランドディフェンスに問題をもたらした。2得点目はラッキーな形だったが、それをしっかり決めきって、最終的にはそれが決勝ゴールになった。


サディオ・マネ

採点:6.0

通常よりも目立った活躍はなかったものの、中盤まで下がってビルドアップに参加したり、高いキープ力を活かしてためを作り、チームに落ち着きをもたらした。


マメ・ビラム・ディウフ

採点:5.5

センターフォワードとして出場したが、ゴールに迫る場面が少なく効果的ではなかった。


シェイク・エンドイェ

採点:6.0

途中出場から右サイドにエナジーを注入し、ポーランドに付け入るスキを与えなかった。