ワールドカップ

【TRIBE RATINGS】W杯グループステージ ポーランド対セネガル:ポーランド編

大会:ロシアワールドカップ
カード:ポーランド対セネガル
対象チーム:ポーランド
スコア:1-2
担当者:菊池大将(@yukkenokonoko
※最高点を10、最低点を1として採点。標準的な活躍を6とする。
※出場時間が短い選手は採点なし。


ボイチェフ・シュチェスニー

採点:5.5

2失点ともに彼に過失はないだろう。2失点目に納得がいかず抗議したことも理解できる。


ウカシュ・ピシュチェク

採点:5.5

エリア内へも侵入し、クリホビアクと共にマネに対応。ただ、ニアンに競り負けピンチを招くなど、集中力を切らす場面も。


ミハウ・パズダン

採点:6.5

グリクの代役としての起用だったが、おそらく期待以上の活躍。カバーリングの良さを見せた。


チアゴ・チョネク

採点:5.0

ディウフに対して、しっかりと前に出て対応するなど良かった部分もあるが、1失点目は彼のオウンゴールだ。


マチェイ・リブス

採点:5.5

運動量を見せ、攻守にわたって貢献。ウィングバックとしてプレーしてからは、より高い位置を取れるようになった。


グジェゴシュ・クリホビアク

採点:7.0

中盤、そしてチームの要として機能。マネへの対応や気の利いたポジショニングでチームを支えた。また、技術の高いヘディングでセネガルに一矢報いた。


ピオトル・ジエリンスキ

採点:5.0

セネガルの中盤にタイトなディフェンスをされたことで、攻撃面でほとんど目立てず。降りてボールを引き出すくらいの仕事しかできなかった。


ヤクブ・ブワシュチコフスキ

採点:5.0

サイドでロングボールを引き出しドリブルやスピードで違いを生み出そうとしていたが、機能はしていなかった。


カミル・グロシツキ

採点:5.5

スピードを武器に、セネガルサイドバックの裏のスペースを上手く使ったが、決定的な仕事をすることはできなかった。中央に移ってからも輝くことはできなかった。


アルカディウシュ・ミリク

採点:5.5

レバンドフスキにマークが集中していたことで同選手に比べれば、自由にプレー出来たが決定的なチャンスをものにすることはできなかった。ジエリンスキが消されていたことも大きい。


ロベルト・レバンドフスキ

採点:5.0

徹底的にマークにつかれ、ほとんどフィニッシュに関与できなかった。それでも囲まれた場面で強引にシュートまで持って行くなど、怪物の片りんは見せた。


ヤン・ベドレナク

採点:5.5

後半開始から出場。彼の投入で3バックに移行し、一時的にビルドアップはスムーズになった。