ワールドカップ 日本代表

【TRIBE RATINGS】W杯グループステージ コロンビア対日本:日本編

大会:ロシアワールドカップ
カード:コロンビア対日本
対象チーム:日本
スコア:1-2
担当者:菊池大将(@yukkenokonoko
※最高点を10、最低点を1として採点。標準的な活躍を6とする。
※出場時間が短い選手は採点なし。


川島永嗣

採点:4.0

1失点目の対応の悪さに尽きる。あのシュートがこのレベルの大会で決まってしまうことは残念だ。


酒井宏樹

採点:6.0

スピード勝負では完全にイスキエルドに負けていた。彼本来のパフォーマンスには遠かったが、要所でヨーロッパの匂いがするプレーを披露。クロスの質は素晴らしくい、決勝点のCKも彼のプレーから。


吉田麻也

採点:6.0

空中戦の強さは流石。ディフェンスリーダーとして守備陣をまとめ、流れの中からの失点はなく、実質的にクリーンシートを達成している。


昌子源

採点:6.0

自身の裏のスペースをファルカオに使われてしまったが、流れの中からのミスはなく、実質的にはクリーンシートを達成した。


長友佑都

採点:7.0

クアドラードに対して非常に良い対応を見せた。攻撃面でもしっかりと乾などと連携を取り、クロスやエリア内への侵入などでチャンスを演出。


長谷部誠

採点:6.5

セカンドボールをしっかりと回収し2次攻撃につなげた。ポジショニングも良く、柴崎、最終ラインをサポート。


柴崎岳

採点:7.0

顔を振りながらポジショニングの良さでコロンビア守備陣をサポート。攻守にわたって気の利いたポジショニングと、要所を突くパスで日本の攻撃にリズムを与えた。


原口元気

採点:5.5

モヒカに対して粘り強いディフェンス。攻守にわたって運動量で貢献。


香川真司

採点:6.5

冷静にPKを沈め先制点を奪取。ボールのない場面でのポジショニングは抜群で攻守にわたって貢献。もう少し長い時間プレーしても良かっただろう。


乾貴士

採点:6.0

守備面ではポジショニングの良さでサポート。長友との連携も悪くなく個人で局面を打開する場面もあったが、少しミスが目立った。


大迫勇也

採点:8.0

1失点目は彼の粘りから生まれた。要所でポストプレーが活き、決定機に繋がる場面を演出。CKに競り勝ち、貴重な決勝点を挙げた。


本田圭佑

採点:6.5

途中出場ながらCKのキッカーを担い、決勝点をアシスト。持っている男ぶりを見せつけた。


山口蛍

採点:6.0

アクシデントにより途中出場。高いテンションの試合にしっかりとついていった。


岡崎慎司

採点:6.0

最後の締めを担当し、しっかりと役割を遂行しピッチを駆け回った。