セリエA

1番“高給取り”なW杯出場監督は?W杯出場監督の年俸ランキング

約1ヵ月後に迫ったロシアワールドカップ。今回は出場国の監督にフォーカスし、彼らの年俸をご紹介。1番の高給取りはどの監督か。次のページに進みご覧ください。

アリュー・シセ

代表:セネガル
年俸:20万ユーロ(約2600万円)

アダム・ナバウカ

代表:ポーランド
年俸:27万ユーロ(約3500万円)

ムラデン・クルスタイッチ

代表:セルビア
年俸:30万ユーロ(約3900万円)

オスカー・ラミレス

代表:コスタリカ
年俸:35万ユーロ(約4600万円)

ナビール・マアルール

代表:チュニジア
年俸:35万ユーロ(約4600万円)

エルナン・ダリオ・ゴメス

代表:パナマ
年俸:40万ユーロ(約5200万円)

シン・テ・ヨン

代表:韓国
年俸:45万ユーロ(約5900万円)

ヤン・アンデション

代表:スウェーデン
年俸:45万ユーロ(約5900万円)

ゲルノト・ロール

代表:ナイジェリア
年俸:50万ユーロ(約6500万円)

ズラトコ・ダリッチ

代表:クロアチア
年俸:55万ユーロ(約7200万円)

ヘイミル・ハルグリムソン

代表:アイスランド
年俸:70万ドル(約7600万円)

エルベ・ルナール

監代表:モロッコ
年俸:78万ユーロ(約1億円)

ブラディミル・ペトコビッチ

代表:スイス
年俸:85万ユーロ(約1億1100万円)

ロベルト・マルティネス

代表:ロベルト・マルティネス
年俸:92万5000ユーロ(約1億2100万円)

西野朗

代表:日本
年俸:93万ユーロ(約1億2200万円)

オーゲ・ハレイデ

代表:デンマーク
年俸:93万ユーロ(約1億2200万円)

フアン・カルロス・オソリオ

監督:メキシコ
年俸:100万ユーロ(約1億3000万円)

リカルド・ガレカ

監督:ペルー
年俸:110万ユーロ(約1億4000万円)

ベルト・ファン・マルワイク

監督:オーストラリア
年俸:120万ユーロ(約1億5700万円)

フアン・アントニオ・ピッツィ

監督:サウジアラビア
年俸:140万ユーロ(約1億8300万円)

ホセ・ペケルマン

監督:コロンビア
年俸:150万ユーロ(約1億9600万円)

エクトル・クーペル

代表:エジプト
年俸:150万ユーロ(約1億9500万円)

オスカル・タバレス

代表:ウルグアイ
年俸:170万ユーロ(約2億2200万円)

ホルヘ・サンパオリ

代表:アルゼンチン
年俸:175万ユーロ(約2億2800万円)

ガレス・サウスゲート

代表:イングランド
年俸:190万ユーロ(約2億4800万円)

カルロス・ケイロス

代表:イラン
年俸:190万ユーロ(約2億4800万円)

フェルナンド・サントス

代表:ポルトガル
年俸:220万ユーロ(約2億8700万円)

スタニスラフ・チェルチェソフ

代表:ロシア
年俸:250万ユーロ(約3億2600万円)

フレン・ロペテギ

代表:スペイン
年俸:290万ユーロ(約3億7800万円)

アデノール・レオナルド・バッチ(チッチ)

代表:ブラジル
年俸:340万ユーロ(約4億4400万円)

ディディエ・デシャン

代表:フランス
年俸:340万ユーロ(約4億4400万円)

ヨアヒム・レーブ

代表:ドイツ
年俸:380万ユーロ(約4億9600万円)