【Fリーグ】町田FP森岡薫の東京ダービー出場は叶わず… 全治4週間の離脱に

FutsalX

2016年8月15日にオープンしたフットサル専門サイト。日本代表・Fリーグ・女子・海外情報など、カテゴリ問わずフットサル情報を発信している。 http://futsalx.com

ペスカドーラ町田は16日、クラブの公式HPFP森岡薫の負傷状況を発表した。14日に行われたFリーグ・ディビジョン1のアグレミーナ浜松戦で負傷した森岡は、全治4週間の負傷と診断されている。

16日に発表された日本代表の欧州遠征メンバーに選出されなかった森岡は、やはり重症だった。浜松戦の前半、左サイドの高い位置でボールを持った森岡はボールをキープした際に左ひざを負傷。プレー続行が不可能となり、担架に運ばれてピッチを離れた。その後、試合終了までピッチに戻ることはできず。試合後には、少し足を引きずるように歩いている姿が見られた。

後日、診断を受けた森岡は、左ひざ内側側副靱帯の損傷と診断され、全治4週間の見込みだという。現在は復帰に向けて治療とリハビリを開始している。

これまで何度も苦境に陥りながらも、そのたびに力強く蘇ってきたFリーグ最強スコアラー。今週末の立川・府中アスレティックFCとの東京ダービーをはじめ、1カ月の離脱を強いられることとなったが、再び力強く復帰することが期待される。