スペイン代表 EURO

スペイン代表デ・ラ・フエンテ監督のドイツ戦での緻密な奇策【ユーロ2024】

ルイス・デ・ラ・フエンテ監督 写真:Getty Images

日本時間7月6日にドイツ、シュトゥットガルトのMHPアレーナで、UEFA欧州選手権(ユーロ2024)準々決勝スペイン代表対ドイツ代表の試合が行われた。延長戦の末2-1で勝利したスペインは、立ち上がりから先制点を決める51分まで優勢に試合を進めた。

スタジアムは一角に赤色のエリアも見られたが、大半が真っ白なドイツカラーで、スペインにとっては完全なアウェーだ。しかし、このような状況で、なぜスペインは試合の主導権を握ることができたのだろうか。そこには、スペインのルイス・デ・ラ・フエンテ監督の緻密な策略があった。

関連記事:スペインにとって準決勝が聖戦になる理由とは?【ユーロ2024】


スペイン代表 写真:Getty Images

メンバーが同じなのにシステムを変更

スペインのデ・ラ・フエンテ監督の緻密な策略。1つ目は、メンバーが同じなのにシステムを変更したことである。準々決勝ドイツ戦において、ラウンド16ジョージア戦(4-1)と全く同じスターティングメンバーで臨んだスペイン。グループステージも基本的に布陣は【4-3-3】のため、ドイツは想定がしやすいと思っていたはずだ。

しかし試合が始まると、これまでの【4-3-3】ではなく【4-2-3-1】に変更されていたのである。ドイツは前の試合から2選手が入れ替わったが、これまで通り【4-2-3-1】だった。

もしスペインが【4-3-3】のままだと、ドイツの布陣とピッタリはまってマークされやすくなる。そこで、中央のトライアングルを反転させて、スペースを作り出したと読み解ける。

ジョージア戦では中盤の底をMFロドリ(マンチェスター・シティ)の1枚とし、右にMFペドリ(バルセロナ)、左にMFファビアン・ルイス(PSG)とした。一方、ドイツ戦では守備的MFをロドリとファビアン・ルイスの2枚にして、攻撃的MFをペドリの1枚にした。守備をするならば相手が近いのは好都合だが、攻撃を主体に考えると相手が近いのは不都合だ。スペインは中盤の中央で攻撃を組み立てることを意図した。

また、両ウィンガーだったFWラミン・ヤマル(バルセロナ)とFWニコ・ウィリアムズ(アスレティック・ビルバオ)をこれまでの前線より低い中盤の位置に下げ、アウトサイドMFとしてプレーさせた。これにより、攻撃時に相手ディフェンスラインとの間にスペースが生まれて、前を向いてプレーがしやすくなる。

さらに、スペインはそれまでかなり攻撃的にプレーしてきたが、強豪ドイツをリスペクトしてサイドの後方スペースを埋めて、守備の比重を増したという意味あいもあるだろう。

ドイツがどの段階でスペインの布陣を知ったかは定かではないが、うまく対応できていなかったことは明らかで、ハーフタイムに中盤の選手を2枚入れ替えている。この誤算が、あとあと延長戦に入るとボディブローのように効いてくるのである。

事実上の決勝戦ともいえる大一番で、スペインはサプライズを起こしてドイツのゲームプランを狂わせることに成功した。

Previous
ページ 1 / 2

名前Takuya Nagata
趣味:世界探訪、社会開発、モノづくり
好きなチーム:空想のチームや新種のスポーツが頭の中を駆け巡る。世界初のコンペティティブな混合フットボールPropulsive Football(PROBALL)を発表。

若干14歳で監督デビュー。ブラジルCFZ do Rioに留学し、日本有数のクラブの一員として欧州遠征。イングランドの大学の選手兼監督やスペインクラブのコーチ等を歴任。アカデミックな本から小説まで執筆するサッカー作家。必殺技は“捨て身”のカニばさみタックルで、ついたあだ名が「ナガタックル」。2010年W杯に向けて前線からのプレスを完成させようとしていた日本代表に対して「守備を厚くすべき」と論陣を張る。南アでフタを開けると岡田ジャパンは本職がMFの本田圭佑をワントップにすげて守りを固める戦術の大転換でベスト16に進出し、予言が的中。

宇宙カルチャー&エンターテインメント『The Space-Timer 0』、アートナレッジハブ『The Minimalist』等を企画。ラグビーもプレーし広くフットボールを比較研究。

筆者記事一覧