日本代表・海外組 海外日本人選手

【独占】三好康児「アカデミー史上最高傑作と呼ばれて」インタビュー前編

バーミンガム・シティ MF三好康児 写真:Matt O’Neil

かつて川崎フロンターレの下部組織で「アカデミー史上最高傑作」と呼ばれたMF三好康児も、今年で27歳。2015年に18歳で川崎のトップチームに昇格した天才レフティは、国内外クラブを経て2019年にベルギー1部のロイヤル・アントワープへ完全移籍し、2021年には東京オリンピックの日本代表メンバーにも選出された。しかし同年10月を最後に代表への招集はなく、2022/23シーズンには左膝の前十字靭帯損傷によりFIFAワールドカップカタール2022への出場は叶わなかった。

現在はチャンピオンシップ(イングランド2部)のバーミンガム・シティでプレーしている三好。カラバオ・カップで優勝するなど古豪としても知られ、2010/11シーズンにはプレミアリーグ(イングランド1部)に所属していたバーミンガムだが、翌シーズンから現在まで10年以上にわたりチャンピオンシップの常連に留まっている。

東京五輪で共にプレーしたDF板倉滉(ボルシアMG)やMF三笘薫(ブライトン・アンド・ホーブ・アルビオン)、MF堂安律(SCフライブルク)、MF久保建英(レアル・ソシエダ)が欧州トップリーグで活躍するなか、イングランド2部を新天地に選んだ三好にこれまでの軌跡と自身の現在地についてインタビューを行った。


インタビューを受ける三好康児 写真:Matt O’Neil

「アカデミー史上最高傑作」と呼ばれて

1997年3月生まれの三好は、小学5年生の頃から川崎フロンターレのアカデミーに所属。中学2年次からはU-18チームに飛び級で参加するなどその天才ぶりがサッカー関係者の間で知られるようになっていた。当時すでに将来が嘱望されていたジュニアユース時代について訊いた。

ー川崎のアカデミーに入ったきっかけは?

三好:僕が4年生の年にフロンターレのアカデミー(ジュニアチーム)ができたんです。近くの隣のチームで仲良くしていた選手がフロンターレのジュニアに入って、次の年に「セレクションがあるんで興味ない?」みたいな感じで誘ってくれました。力試しに受けてみようかな、くらいの感じで受けたら受かったので入りました。

ー「アカデミー史上最高傑作」と呼ばれていることはご存知ですか?

三好:まあまあ、そう言われながら何とかプロになりましたけど(笑)その当時はアカデミーからプロになる選手がそんなに多くなかったですし、僕と板倉(滉)が6年ぶりにユースからトップチームに昇格したのでジュニアから上がってきた選手として期待を受けていたイメージはあります。

ーアカデミーで学んだことで現在プロになっても活かされていることはありますか?

三好:もう基盤はすべてアカデミーなので。小学校の時からサッカーだけじゃなく、私生活の部分もめちゃくちゃ怒られたりしましたから。やっぱり小学校、中学校、高校年代ってそれぞれいろんな誘惑もあるし、成長過程でいろんなことがあるなかで本当に教育してもらったと思っています。自分の考え方だったり、いろんなものが構築されて今につながっていると思います。

ー誘惑という話でしたが、遊びたい気持ちへの対応が大変でしたか?

三好:正直、僕自身はそうじゃなかったんです。サッカーが遊びで、普段から学校が終わったらそのままサッカーしに遊びに行っていた感じなので。でも同い年で他の遊びの方に流れちゃう人とか、川崎なんか特にやんちゃな人が多いのでそっちのグループに流れちゃう人とかいて、途中で抜ける選手もいっぱいいました。自分はプロになりたいという目標があったので、そこはブレなかったですね。


板倉滉(左)谷口彰悟(中)三好康児(右)写真:Getty Images

三笘、田中碧、板倉らとも一緒に

ーいつからプロを目指していたのですか?

三好:小学校に上がる時に、ちょうど2002年日韓ワールドカップがありました。6歳~7歳とかでそれを見て「プロになりたいな」「ワールドカップに出たいな」って思いましたね。当時それが僕の夢でした。

ーアカデミーでは田中碧選手や三笘薫選手と一緒だったんですよね?

三好:三笘は一緒にやっていました。三笘はなんなら僕より1年先に入ってました。(学年で)1個下は最初3人しかいなかったんです。三笘は小学校の時からずっとやってましたね。田中碧は僕と同じタイミングで入ったんですけど、学年的には2個下なんで一緒にやったりする時もあった、って感じですかね。

ー三笘選手や板倉選手たちとの仲はどうですか?アカデミー時代に喧嘩などは?

三好:三笘はないですね。1個下なんで、それこそ(僕と)喋る時も敬語ですし。小学校の時とかタメ口でしたけど、中学ぐらいで気づいたら敬語になってました。

板倉は同い年なんでずっと一緒にやってました。仲もいいですから今でもしょっちゅう連絡とります。僕がアントワープにいる時は結構家に遊びに行ってましたね。家も2時間とかでそんなに遠くなかったんで。だからみんながヨーロッパにいたり、A代表とかでもやってることは不思議な感じです。


三好康児(川崎フロンターレ所属時)写真:Getty Images

トップチームで実感したプロの壁

ー川崎でU-18に昇格したのがとても早かったですよね?

三好:中学3年生の時に、ユースで高校生と一緒にやらせてもらってました。兄貴がいたので年上の選手と一緒にやることが多かったんで、プロになるならできるだけ高いレベルでっていうのを常に思っていました。自分より上手い選手とできるのは常に楽しかったですし、プロになるっていう過程ではすごく大事だったと思います。

ーその後トップチームに昇格したものの、出場機会は限られていました。

三好:はい。J3(当時J3に参加していたJリーグのアンダー22選抜)があったんですけど、トップチームは途中から3~4試合(出場)とかでしたね。1年目は正直そんなにスタメンを取れたわけでもないですし、プロの壁というか厳しさっていうのはありました。やっぱり川崎は優勝争いチームでしたし、それこそA代表に入るような選手が多くいた中で戦うのは簡単ではなかったです。

ー川崎在籍時に学んだことはありますか?

三好:今でも技術的にもっと向上できるなというのは常に思っていますが、当時は風間(八宏)さんが監督をやっていて、中村憲剛さんはじめトップレベルの選手たちからポジションを奪って戦っていく中で、本当に(技術が)足りないなっていうのは常に学ばせてもらいました。ただ、自信をなくすことはなかったです。自分には自分なりの自信があったんで、そこの埋め合わせというか葛藤は常にしていました。

ーアドバイスを受けたことはありますか?

三好:色々ありますけど、メンタル的なところですかね。やっぱり試合に出れないとメンタルを維持するのも難しい。高校生までは試合に出られないことなんて1回もなかったのに、プロに上がって試合に出られないとコンディションもなかなか合わせづらい。

しかも「コンディションを合わせる」ということもそれまで意識してきてなかったので。常に試合をやってて勝手にコンディションが整うので。その難しさも改めて実感しました。常にプロとしての振る舞いというか「いろんな人が見ているんだぞ」というのは教えてもらいました。

ー腐ってしまいそうなこともありそうだったのですか?

三好:腐るっていうか反発するっていうか。「なんで使われねえんだ、俺」とか。腐るという表現になる可能性はありますけど、自分や板倉がそういう雰囲気でやっているとやっぱり先輩方は気づくじゃないですか。そうなるとメシ連れてってくれて励ましてくれたりとかはありましたよね。

Previous
ページ 1 / 2

名前:Shun Ide
趣味:サッカーのプレイと観戦、サカナクション、料理研究、犬の芸仕込み
好きなチーム:川崎フロンターレ、コヴェントリー・シティFC

イギリス在住。イングランドのフットボール情報を現地からお届けします。

筆者記事一覧