プレミアリーグ

知れば知るほど深い存在!2022/23プレミアリーグ新任監督まとめ

写真:Getty Images

2022年8月5日からスタートしたプレミアリーグ2022/23シーズン。夏の移籍で新たな契約を結んだ選手たちは、周囲との関係やプレー方法など、まだまだ落ち着かない状態が続いていることだろう。

何名かの監督もまた同様に、新たな場所で張り詰めた緊張感の最中にいる。ここでは、2022/23プレミアリーグの新任監督4名について、少しだけ深掘りながらそれぞれの背景をチラリとご紹介しよう!


マンチェスター・ユナイテッド エリック・テン・ハフ監督 写真:Getty Images

エリック・テン・ハフ監督(マンチェスター・ユナイテッド)

隠せない熱いハートの持ち主

  • 生年月日:1970年2月2日 52歳(2022年現在)
  • 出身国:オランダ
  • 現役時代のポジション:DF
  • 選手歴:13年
  • 監督歴:10年(2022年現在)

1989年にオランダ1部エールディヴィジに所属するトゥエンテで、プロデビューを果たしたエリック・テン・ハフ。数々のクラブで活躍後、2002年に選手キャリアを終了。2012年から同リーグ所属のゴー・アヘッド・イーグルスで監督職をスタートした。

2022年4月から、マンチェスター・ユナイテッドで指導をするテン・ハフ監督。プレミアリーグで最も輝いた監督を表彰する「バークレイズ・マネージャー・オブ・ザ・マンス」という月間賞で、2022年9月の受賞者として見事に選出された。

この賞が初めてスタートしたのは1993年。マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が、実に27回の受賞という偉業を成し遂げ受賞数第1位。第2位が長年アーセナルで手腕を振るってきたアーセン・ヴェンゲル監督(2018年引退)の15回、そして第3位がマンチェスター・シティの現指揮官(2022年10月時点)ペップ・グアルディオラ監督の11回と続いている。

テン・ハフ監督の現地メディア会見を見ていると、表面的な試合結果も重要だが、それと同時に選手の真意や質などを非常に大切にしていることがわかる。1人1人の内部を重視して会話をし、チーム全体を作っていくスタイルが垣間見られる。とても古風な言い回しだが、冷静でもあり熱血漢な人物だ。


ボーンマス ガリー・オニール監督 写真:Getty Images

ガリー・オニール監督(ボーンマス)

苦難を乗り越えた揺るぎない自信

  • 生年月日:1983年5月18日 39歳(2022年現在)
  • 出身国:イギリス
  • 現役時代のポジション: MF
  • 選手歴:19年
  • 監督歴:約1ヶ月(2022年現在)

2000年に、イングランド実質3部(EFLリーグ)所属のポーツマスで、当時若干16歳にしてプロデビューしたガリー・オニール。ウェストハム・ユナイテッドやノリッジ・シティなどで順調にキャリアを積んだ。2019年にEFLリーグのボルトン・ワンダラーズで現役引退。2022年からボーンマスで監督職(暫定監督)をスタートする。

リバプールU23チームのアシスタントマネージャーに従事した経験もあるオニール監督。その際に現地のラジオ番組で16歳で選手デビューした当時の苦悩を語っている。家族には、もちろんサッカープレイヤーとしての活躍について期待や応援をされていたが、一方でどれだけ学問が人生にとって大切なのかを日々聞かされていたそうだ。本人にはプロ契約を結んだ限りはサッカーを第一優先としなければならないという責任感も強くあり、プレー後に学業に集中しようと試みても非常に困難だったそうだ。

専門的分野と学業の両立は万国共通の最初の壁になるが、それを乗り越えた先には、オニール監督のような大きな自信と経験という宝を得られるだろう。

Previous
ページ 1 / 2

名前:Molly Chiba
趣味:自然散策、英国のあれやこれやをひたすら考えること
好きなチーム:トッテナム・ホットスパーFC
東北地方の田園に囲まれ育ちました。英国のフットボール文化や歴史、そして羊飼いやウールなどのファッション産業などに取り憑き、没入している日本人女性です。仕事のモットーは、伝統文化を次世代に繋ぐこと。

筆者記事一覧