ワールドカップ

カタールW杯に出場できない欧州外選手ベスト11

写真:Getty Images

11月21日に開幕を迎える2022FIFAワールドカップ・カタール(カタールW杯)。W杯予選大陸間プレーオフも6月15日に全日程が終了し、いよいよ出場全32ヵ国が出そろった。

限られた出場枠を大陸(欧州・南米・北中米・アフリカ・オセアニア・アジア)ごとに争うW杯の予選方式は、大陸間のパワーバランスとマッチしていない部分も多分にある。そして予選敗退を喫した各国の中には、世界的に見てもW杯本大会に出場できなかったことが残念に思える選手が多くいる。

カタールW杯で見られないことが惜しまれる欧州選手ベストイレブンに続き、ここでは欧州以外の選手をベストイレブン形式で紹介していく。

関連記事:カタールW杯に出場できない欧州選手ベスト11


コロンビア代表 GKダビド・オスピナ 写真:Getty Images

GK:ダビド・オスピナ(コロンビア)

フランス代表GKウーゴ・ロリスの後釜としてニース(リーグ・アン)へ移籍し、海外デビューを果たしたコロンビア代表GKダビド・オスピナ。徐々に頭角を現し、2014年にはコロンビアにとって3大会ぶりのフランスW杯に出場。過去最高順位であるベスト8進出に大きく貢献した。

ハメス・ロドリゲスやフアン・クアドラードといったこれまでコロンビア代表を共に支えてきた面々も円熟期を迎えた中で臨んだカタールW杯予選。本大会出場と最高順位の更新を狙える陣容とも思われたが、残念ながら敗退となった。


DF:オマル・アルデレーテ(パラグアイ)

プロデビュー前の2013年から、すでにユース世代の代表選手として注目されたパラグアイ期待の星、オマル・アルデレーテ。2019年からは欧州へ移籍し着々とその名を響かせつつある。現在はヘルタ・ベルリンからのローン移籍でバレンシアでプレー。

パラグアイは南アフリカ大会(2010)以来となるW杯出場を目指すも、カタール大会出場は残念ながら叶わなかった。伝統的に堅守を誇るチームスタイルなだけあって、今後もアルデレーテにかかる期待は大きなものとなるだろう。


チリ代表 DFガリー・メデル 写真:Getty Images

DF:ガリー・メデル(チリ)

171cmとディフェンダーとしては決して恵まれた体格でないが、持ち前の闘争心を武器にチリ代表ではセンターバックとしても活躍するガリー・メデル(ボローニャ所属)。カタールW杯南米予選でも、守備陣の要として名だたるストライカーたちを相手にしてきた。

34歳とキャリアの終盤となっているだけに本大会での活躍も期待されたが、ブラジルを筆頭に強国が揃い熾烈を極める南米予選を、チリは2大会連続で突破できなかった。


コロンビア代表 DFダビンソン・サンチェス 写真:Getty Images

DF:ダビンソン・サンチェス(コロンビア)

主力選手に30代が多くいるコロンビア代表にあって、まだ26歳と次世代の中核を担う選手としての期待も大きいダビンソン・サンチェス(トッテナム・ホットスパー所属)。自国リーグでプレーしている頃からアヤックス・アムステルダム(2016-17所属)他、バルセロナからも興味を示されていた逸材だ。

前回ロシアW杯(2018)にも20代前半でありながら全4試合に出場していただけに、経験を活かしたカタール大会での活躍が期待された。結果は残念ながら出場できないが、次大会に向けさらに成長を続けることは間違いない。


チリ代表 MFアルトゥーロ・ビダル 写真:Getty Images

MF:アルトゥーロ・ビダル(チリ)

現在所属するインテルも含め、バイエルン・ミュンヘン、バルセロナと欧州各国リーグの名門クラブを渡り歩いてきたチリ代表のアルトゥーロ・ビダル。35歳となった今でも、国内外での評価の高さは疑う余地がない。

チリは今南米予選、ビダルを筆頭にガリー・メデルやエドゥアルド・バルガスら、長年代表を支えてきたベテランの集大成として挑んだ。結果は残念なものとなったが、今後世代交代を含めてどんな変化が現れるのか楽しみだ。

Previous
ページ 1 / 2

名前:Sくん
趣味:ゲーム(FIFAシリーズ・実況パワフルサッカー・Minecraft)
好きなチーム:Jリーグほぼ全て、リバプール

サッカー見るのが大好きなサラリーマンです。特にJリーグに関してはかなり熱狂的で、リーグ戦の視聴や結果確認はもちろんオフやシーズン中の移籍情報、各クラブの公式Twitterの確認ももやは生活の一部です。同じようなJリーグファンがいっぱい出てくるように、精一杯頑張ります!

筆者記事一覧