その他 Jリーグ

FIFA22キャリアモードで安価に獲得可能な10代の有能Jリーガー5選

写真提供:Gettyimages

大人気サッカーゲームの「FIFAシリーズ」。その中のゲームモードの1つ「キャリアモード」では、実際に選手や監督になってプレイを楽しめるとあって、育成やキャリアアップにのめり込む者も少なくない。とはいえ、ゲーム内には予算の概念があることから、初期に選んだクラブの経営状態にはよるものの、序盤から誰もが知る名選手を集めることは難しい。

そこでここでは「FIFA22」に実装されているJリーグ所属の選手の中から、安価に獲得でき能力としても期待できる、ゲーム開始時に10代のいわゆる「パリ世代」の選手たちを5人紹介していく。

なお、記載している市場価値や数値は、ゲーム開始直後にスカウトレポートを作成した場合の参考値で、スカウトのタイミングによって差が出る可能性もあるので注意。


EA SPORTS™ FIFA 22

松岡大起(清水エスパルス)

  • ポジション:CDM
  • 初期総合値:65
  • 市場価格:$1700000
  • 給与:$800
  • 開始時年齢:19

21シーズン途中に鳥栖から清水に移籍した松岡。「FIFA22」の中でも初期からスタミナ等のフィジカル数値が高いレベルにあり、最初に選ぶチーム状況によっては、即戦力としての活躍も期待できる。市場価格も初期では安価に抑えられており、給与も$1000を切っていることから、予算の少ないクラブでも獲得しやすい選手と言える。


EA SPORTS™ FIFA 22

西尾隆矢(セレッソ大阪)

  • ポジション:CB
  • 初期総合値:64
  • 市場価格:$1400000
  • 給与:$1200
  • 開始時年齢:19

21シーズンはDFラインの中核として30試合以上に出場し、セレッソの守備を支えた西尾。FIFA22の中ではダッシュ速度、加速、敏捷性などスピード面の評価が、初期から非常に高い数値になっている。DFの選手では、ゲームにおいてもスピードで置いて行かれることが失点にもつながることから、スピード面の数値に最初から優れている点は10代のCBの中では抜けた存在だ。


EA SPORTS™ FIFA 22

中野伸哉(サガン鳥栖)

  • ポジション:LB
  • 初期総合値:61
  • 市場価格:$850000
  • 給与:$590
  • 開始時年齢:17

21シーズンは出場が30試合以上と、チームの主力選手として活躍した中野。FIFA22の中では、開始時の年齢が17歳にも関わらず総合値は60を超えており、それでいて市場価格、給与ともに低いことから、かなり獲得しやすい選手となっている。また、バランスや敏捷性といった数値の高さから、ボールを持って運ばせるといった動作がしやすいことで、ゲーム初期の攻撃の形を作る役割も期待できる。

Previous
ページ 1 / 2

名前:Sくん
趣味:ゲーム(FIFAシリーズ・実況パワフルサッカー・Minecraft)
好きなチーム:Jリーグほぼ全て、リバプール

サッカー見るのが大好きなサラリーマンです。特にJリーグに関してはかなり熱狂的で、リーグ戦の視聴や結果確認はもちろんオフやシーズン中の移籍情報、各クラブの公式Twitterの確認ももやは生活の一部です。同じようなJリーグファンがいっぱい出てくるように、精一杯頑張ります!

筆者記事一覧