日本代表・海外組 日本代表

東京五輪サッカー男子、スペインに善戦もフランスを侮るな!ペドリも真っ青のムブクらに注目

日本代表FW久保建英(左)フランス代表FWナタナエル・ムブク(右)写真提供:Gettyimages

東京五輪に参戦するU-24日本代表は大会前最後の強化試合(7月17日)でスペインと対戦した。今回のスペイン代表には「UEFA EURO 2020サッカー欧州選⼿権(ユーロ2020)」でベスト4に進出し、7月6日の準決勝イタリア戦に出場したメンバー6人が選出されており、スペインは東京五輪の優勝候補筆頭国である。

強化試合ではスペインに圧倒的にボールを支配されながらも、粘り強く守って徐々に陣地を回復した日本が先制。42分にトップ下に入ったMF久保建英が左サイドに流れてゴールライン際まで突破すると、グラウンダーのマイナスクロスに10番を背負うMF堂安律が合わせ、ワンタッチで豪快な左足のミドルシュートを炸裂させた。後半は両チーム共に多くの選手交代を行い、中盤にスペースが出来て間延びする傾向が強くなる。78分にスペインの怒涛の攻撃から途中出場のMFカルロス・ソレールに押し込まれ1-1となったが、その後も両者に得点機が訪れる好ゲームのままに引き分けた。

同試合10日前にはユーロ準決勝を戦っており調整と連携が圧倒的に不足しているとはいえ、金メダル候補のスペインと引き分けた日本は順調な強化の一途を辿っている。日本は7月22日に南アフリカとの初戦を迎え、7月25日にメキシコとの第2戦。グループリーグ最終節となる第3戦は7月28日にフランスと戦う日程となっている。日本にとってこのスペイン戦は、スペインと地理的に近い「仮想フランス」ではない。「仮想メキシコ」だった。

2012年のロンドン五輪初戦でスペインとの対戦が決まった際、日本は大会直前にプレースタイルや選手の体格が似ているメキシコとの強化試合を組んで最高の準備を終えた。その後、日本は見事にスペインを1-0で下してベスト4に進出。また、日本を準決勝で破ったメキシコは初優勝の栄冠に輝いたのである。今回はその時とは逆だ。メキシコとの本大会での対戦が決まったからこそ、スペインと強化試合を組んだのである。これでメキシコ対策は万全である。

そして「仮想フランス」は、7月12日に日本が3-1で勝利した相手ホンジュラスだったはずだ。卓越した身体能力を押し出し個人技で勝負してくる中南米の強者は、プレースタイル的にアフリカ勢にも酷似している。つまり初戦で対戦する「仮想南アフリカ」にもなっているはずだ。


五輪参加しないフランス代表FWキリアン・ムバッペ 写真提供:Gettyimages

五輪を巡る欧州勢のメンバー選考が大苦戦

欧州勢は、五輪イヤーにFIFAワールドカップ以上のハイレベルな大会であるユーロがあり、五輪後には休む暇もなくクラブサッカーシーズンの開幕を控えている。そのため、毎回五輪出場に選手を出し渋る傾向が強い。また、選手たち自身も移籍を控えるなどの事情で出場を辞退することが多い。

スペインがベストメンバーを揃えられたのは、国民的スポーツ行事には「選手を義務的に参加させなければいけない」“スポーツ法”というスペイン国内の法律が有効であるからだ。実際、2012年のロンドン五輪にも直前のユーロ2012で優勝したフル代表から主力の左サイドバックであるジョルディ・アルバを始め、ベストメンバーを招集していた。ただし、スペイン国外のクラブにはこのスポーツ法は適用されない。

今回の東京五輪に参戦するドイツやフランスはいつも以上に選手選考で苦戦している。有力選手を集めるどころか、1チーム分の選手を集められないほどである。

ドイツはU-24代表チームを率いるシュテファン・クンツ監督が「100人に連絡した」はずが、東京行きの飛行機に乗ったのはGK3人を含む18選手のみ。東京五輪ではバックアップメンバー4人の枠も追加することが認められて、22人の登録が可能になった。しかし、東京出発の当日にも出場辞退者が出たドイツは、4つもの枠を余らせたまま来日した。

日本と対戦するフランスも例に漏れず、フル代表(A代表)のエースでもあるFWキリアン・ムバッペは招集されず。また、7月2日には1週間前に発表したメンバーのうち11人が招集を断念したことが発表されるなどし、当初の構想とは全く異なるメンバー編成となった。

これまで報道されているところによると、フランスでは21人のメンバーがエントリーされているのだが、そのうちGKディミトリ・ベルトーとFWイザーク・リハジの2人は負傷などがあった際に日本へ向かうバックアップメンバーであり、来日するのは19選手のみであるようだ。すでに負傷でMFジェレミー・ジェランが辞退を発表したのだが、FWリハジの来日はあるのだろうか?

Previous
ページ 1 / 2

名前:新垣博之
趣味:パン屋巡り
好きなチーム:伊賀FCくノ一三重、ブンデスリーガ全般

創設当初からのJリ-グファンで、海外サッカーはアーセナルの無冠時代を堪能。現在は女子サッカーやJFLを取材し、ブンデスリーガの記事も寄稿する球技ライター。コロナ禍以降は自宅近くを自転車で散策する機会が多くなり、パン屋巡りが趣味になりました。

筆者記事一覧