女子サッカー

なでしこジャパンの超一流の対戦相手たち!世界最優秀選手、W杯得点王、世界最高GK

クリスティアナ・エンドラー(左)クリスティン・シンクレア(中)ルーシー・ブロンズ(右)写真提供:Gettyimages

7月23日、いよいよ東京2020オリンピック(東京五輪)が開幕する。サッカー競技は恒例の開幕前スタートとなり、先陣を切るのは女子日本代表こと、なでしこジャパンである。

東京五輪の女子サッカー競技は、参加全12カ国を4カ国ずつ3つのグループに分け、1回総当たりのグループステージを戦う。各グループの上位2カ国と成績上位2チームが決勝トーナメントへと勝ち上がり、7月30日からスタートする準々決勝以降の戦いに舞台を移す。

グループEに組み込まれた日本は、開幕2日前の7月21日にカナダとの初戦を迎え、24日にはイギリス、27日にはチリと対戦。ここでは3カ国との対戦ポイントや背景、注目の選手についてご紹介したい。


カナダ代表FWクリスティン・シンクレア 写真提供:Gettyimages

世代交代の是非が問われるカナダ戦

北海道の札幌ドームで対戦するカナダ女子代表は、なでしこジャパンが2012年のロンドン五輪でも初戦を戦った相手だ。「2011 FIFA 女子W杯ドイツ大会」で優勝していた日本は黄金時代にあり、そのロンドン五輪初戦は2-1でカナダを下し、決勝でアメリカに敗れたものの銀メダル獲得となった。

一方、カナダもロンドン五輪では3位に入り、日本が出場を逃した前回のリオディジャネイロ五輪でも銅メダルを獲得。現在のFIFAランキングでは8位につけている。同10位の日本にとっては格上との対戦となるため、国際大会で最も重要である初戦には最高の準備をして挑みたい。

カナダ代表メンバーには、女子サッカー界の絶対女王である隣国アメリカでプレーする選手が多いが、近年盛り上がりを見せるイングランドや欧州女子サッカーの最高峰フランスリーグでプレーする選手もいて実力者が並ぶ。パスセンスが光る23歳のMFジェシー・フレミングは、すでに代表通算80試合を越える経験を持つ。また、今月34歳になる主将MFデジリー・スコットが並ぶ中盤は、確かな強さと技術を兼ね備えている好チームの雰囲気を醸し出している。

中でも、38歳となったFWクリスティン・シンクレアの招集に話題が集まるが、さすがに運動量の低下は2年前の「2019 FIFA 女子W杯フランス大会」でも目についた。ただ、同大会で日本を下して準優勝に輝くことになるオランダ相手にゴールを挙げるなどし、ブラジルのマルタと並んでW杯5大会で得点を記録した選手だ。代表通算186ゴールは男女通じて国際試合の最多得点記録者である。前人未踏の経験値で培った確かな技術と得点感覚は、トップ下ともセンターフォワードとも言える独特のポジションと役割の中で研ぎ澄まされている。

また、今年から代表入りした24歳のFWエヴリーヌ・ヴィーンズは、南フロリダ大学時代からクラブレベルでは1試合1ゴールのハイアベレージを記録する点取り屋。現在はフランスでプレーしている。ラストパスも巧みなシンクレアやMF陣からヴィーンズのスピードを活かした速攻は脅威だ。日本としては攻撃時もカナダのカウンター攻撃の起点になる芽を抑えるリスクヘッジをとりながら、安定した試合運びを心掛けながら勝負所を作って仕掛けたい。

MF長谷川唯やDF清水梨紗などの若手がチームの中心になった日本と、未だベテランが幅を利かせているカナダによる世代交代の是非が問われる対決でもある。フラットに見ると好ゲームの予感満載だが、緊張感の高い試合になるだろう。

Previous
ページ 1 / 2

名前:新垣博之
趣味:パン屋巡り
好きなチーム:伊賀FCくノ一三重、ブンデスリーガ全般

創設当初からのJリ-グファンで、海外サッカーはアーセナルの無冠時代を堪能。現在は女子サッカーやJFLを取材し、ブンデスリーガの記事も寄稿する球技ライター。コロナ禍以降は自宅近くを自転車で散策する機会が多くなり、パン屋巡りが趣味になりました。

筆者記事一覧