Jリーグ 北海道コンサドーレ札幌

札幌MF金子拓郎と元ミランMFスソの共通点。「二人のロッソネーリ」の強みと弱点は…

北海道コンサドーレ札幌 &ミラン 写真提供: Gettyimages

北海道コンサドーレ札幌の期待の星といえば、やはりMF金子拓郎であろう。

金子は日本大学3年生だった2018年に北海道釧路市で行われた夏合宿で札幌と対戦し、そのままクラブの練習に1週間参加。翌年の2019年、シーズン開幕前の熊本キャンプに招待されると、2020年より正式にチームに加わった。

そして2021明治安田生命J1リーグ第1節の横浜FC戦。その金子が印象的な2得点を挙げ、札幌の勝利(5-1)に大きく貢献することとなった。両ゴール共に彼が最も得意とする形で決まったものだった。

同試合の金子の得点シーン動画を是非確認いただきたい。相手をかわすために右サイドから中央に絞り、左足でシュートを打つ。この動きで正確なクロスを上げライバルチームを混乱させる場面は、他にも多くの試合で確認できる。

この金子の動きのパターンが、札幌とは遠く離れた別の「ロッソネーリ(赤黒)」クラブで活躍した選手に酷似している。2016年から2020年にかけてセリエAのミランでプレーした、スペイン代表MF(またはFW)のスソ(現セビージャ所属)である。


スソ 写真提供:Gettyimages

金子とスソの共通点

金子とスソには多くの共通点が見受けられる。まず、両選手共に左利きであり、最初にプレーしたポジションはトップ下だった。

そして両選手の強みであるドリブルとスピードを最大に生かすために、どちらも右サイドで起用されることが増えた。中盤的なポジションで出場しても右サイドを狙い動き出すシーンが多いのである。

また彼らに共通する、1対1の場面で迷わずライバル選手に挑むスピードを乗せたプレーを止めるのは不可能に近いものだ。彼らの突破力によってチームメイトがフィニッシュまで持ち込めることはもちろん、精神的にも「前へ進む」勇気が伝染していく。

最大の共通点はやはり先ほど紹介した攻撃パターンであろう。現在27歳であるスソはその方法で多くの得点やアシストを重ねた。しかし、その武器が大きな弱点となった時期もある。まだ23歳の金子は、スソの過去から学ぶべきことがある。

Previous
ページ 1 / 2

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧