プレミアリーグ リバプール

南野拓実が2G1Aを記録したリバプールVSリンカーン、ベストプレイヤー3人はだれ?

南野拓実 写真提供: Gettyimages

 現地時間9月24日に開催されたイングランドリーグ杯(カラバオ杯)3回戦。リバプールはリンカーン・シティを相手に7-2で勝利した。その中で、同クラブ所属の日本代表MF南野拓実が2ゴール1アシストを記録し、素晴らしいパフォーマンスを見せた。

 英メディア『liverpool.com』が同試合に出場した選手を評価している。南野はトップのゴールドポジションに選ばれ、シルバーとブロンズポジションに選ばれたのはスイス代表MFジェルダン・シャチリ、そしてセルビア代表MFマルコ・グルイッチだった。

 南野の活躍に関しては「素晴らしいパフォーマンスだった。(彼の)ライン間の動きでたくさんのチャンスが作られ、プレスの面でも褒めるべきだ。この試合のすべてのポジティブなことには南野が絡んでいる。プレシーズン中に良い調子をキープしていたが、公式戦でも良いパフォーマンスを出せたことは今後のレギュラー争いにとても重要なことだろう」とコメント。

 また、シャチリに関しては同試合の素晴らしいフリーキックの得点シーンが評価された。怪我が多い同選手だが、意外性もあって、同メディアは控えメンバーとして大事な切り札になれるだろうと評価している。

 そして、グルイッチに関してはパスの精度、判断力、ポジショニングが高く評価され、レギュラーの可能性が感じさせることができたようだ。

 ここでは南野のプレシーズントレーニングのハイライトを振りかえろう。(表示されない場合はこちら

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧