セリエA フィオレンティーナ

ボナベントゥーラ、フィオレンティーナ移籍へ。公式発表はまもなく

ジャコモ・ボナベントゥーラ 写真提供: Gettyimages

 2014年から2020年にかけてミランに所属したイタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラは、まもなくフィオレンティーナに移籍することとなるようだ。イタリアの複数のメディアが報じている。

 報道によると契約期間は2年に確定し、残るのはボーナスに関する細かい修正のみ。取引がスムーズに進めば、明日にでも正式発表が行われるようだ。

 なお、ベネベントもボナベントゥーラの獲得を強く求めていたようだが、この3日間でフィオレンティーナがスピーディに動いたことによってその可能性は焼失したようだ。

 ベネベントのオレステ・ビゴリート会長は「我らはいいオファーを出したつもりだ。しかし、ボナベントゥーラはフィオレンティーナを選ぶことにした。家族が住む場所から大きく離れたくなかったのは1つの理由だろう」とコメントしている。

 9月20日に開始するセリエA2020/21シーズン。ボナベントゥーラは開幕戦からスタメンとしてピッチに立つことになるだろうか。

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧