その他 ALL

ノルウェー3部にメッシ!?レジェンドと同姓、同名選手たち!

リオネル・メッシ 写真提供: Gettyimages

長い人生の中で自身と同じ名前を持つ人物に出会うことはよくあることだ。サッカー界にもそうした例は少なくない。

凄まじい活躍を見せレジェンドとなり、誰もが知る、メッシ、マラドーナ、プラティニ、デル・ピエーロ、ペレの5選手。彼らと同じ姓や名を持つ選手たちがサッカー界で活躍している。

しかし、同姓、同名である選手たちはこういったレジェンドに近づけないどころか、世界的に全く無名のままでサッカー人生を歩み続けている。今回はそんな彼らをご紹介する。


ディエゴ・マラドーナ 写真提供:Gettyimages

マラドーナ

アルゼンチンだけではない、ブラジルにもマラドーナという男が存在している。そして当時の「ゴールデンボーイ」(マラドーナの愛称)と同じく、2列目をメインポジションとしてプレーをしているのだ。

名前はエバートン・マラドーナ、1982年生まれ。現在ウニアオ・ルチエンセというブラジルのクラブに所属している。本家のマラドーナと共通点があるとすれば、左利きであるということくらいだろう。

両親につけられた名前によって、子供の頃からピッチ上ではプレッシャーとの戦いだったという。本人がローカル新聞のインタビューで語っている。


ミシェル・プラティニ 写真提供:Gettyimages

プラティニ

苗字だけであれば、そこまで驚くべきことではないだろう。しかし、ミシェル・プラティニの場合、同姓同名の選手が存在する。ブラジル出身の「ミシェル・プラティニ・フェレイラ・メスキタ」だ。

あまり知られていない選手だが、プロ選手としてパチューカ(2002年〜2003年)、ディナモ・ブカレスト(2012年)など、有名なクラブでプレーした経験を持っている。

選手としてあまり目立つ事はなかったが、ディナモ・ブカレストに移籍する前にピッチである事件を起こし、一時的に話題となった。シミュレーション気味に倒れた選手に対して苛立ちを見せ、プラティニは止められるまでその選手を蹴り続けたのだ。「レジェンドのプラティニにまで泥を塗った」と騒がれた。


アレッサンドロ・デル・ピエロ 写真提供: Gettyimages

デル・ピエロ

ユベントスのレジェンドとなったアレッサンドロ・デル・ピエロ。その苗字が2008年にライバルであるインテルの公式ページに載せられたさいには多くのサポーターがショックを受けただろう。

しかし、公式ページをよく見るとインテルに加入したのはアレッサンドロではなく、ヤーゴ・デル・ピエロという少年だった。彼は2008年〜2013年にインテルのユースでプレーし、当時セリエBに所属していたチェゼーナに移籍した。

その後ヤーゴは力を発揮できず、現在はアマチュア選手としてサッカーを続けている。サンマリノ共和国のセラバッレを本拠地とするサッカークラブ、サンマリノ・カルチョでプレーしているようだ。

Previous
ページ 1 / 2

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。よろしくお願いします。

筆者記事一覧