プレミアリーグ アーセナル

恨み節炸裂!ウナイ・エメリが語る当時のアーセナル

ウナイ・エメリ 写真提供: Gettyimages

アーセン・ベンゲル監督の後を引き継ぐ形で、アーセナルの新時代を託されていたウナイ・エメリ。しかし、彼が手掛けたチームの調子は芳しくなく、2年目の途中(2019年11月)であえなく解任を言い渡された。

そんなエメリが当時のアーセナルについて語った。イギリス『ガーディアン』が報じている。今回はここからいくつかエピソードをご紹介したい。


ウィルフレッド・ザハ(左)ニコラ・ぺぺ(右)写真提供: Gettyimages

ぺぺじゃない、ザハだ

今シーズン開始に伴い大型の戦力補強を行ったアーセナルだが、補強についてエメリは以下のように語った。

「私たちはニコラ・ぺぺを獲得した。彼は非常に良い選手だが、私たちは彼の特徴を理解できておらず、ぺぺ自身にも時間が必要だった。私はプレミアリーグを熟知しており環境適応に早い選手を求めた。幾多の強豪相手でも素晴らしいパフォーマンスを発揮できるウィルフレッド・ザハこそ最適な選手であると私は獲得を切望したが、クラブはぺぺにアーセナルの将来を託した。」

「実際ザハ獲得には莫大な資金が必要で、クリスタル・パレスも彼を売却したがらなかったわけだが、この補強の選択は後に大きく影響をもたらした。」

プレミアリーグを長年経験しているザハをアーセナルに迎え入れることができていれば、今のアーセナルはどうなっていたのだろうか。エメリの解任もなかったのかもしれない。

Previous
ページ 1 / 2

名前:秕タクオ

国籍:日本
趣味:サッカー、UNO、100均巡り
好きなチーム:プレミアクラブ全般、京都サンガ

サッカー観戦が日課のしがないサラリーマンです。プレミアリーグを中心に観戦を楽しんでます。

筆者記事一覧