リーガ

セルタMFがデンマーク帰国のために最終手段。3000kmを車で走破…

ピオーネ・シスト 写真提供: Gettyimages

 セルタ・デ・ビーゴのデンマーク代表MFピオーネ・シストがスペインからデンマークまで車で帰国し話題となっている。。スペインメディア『Faro de Vigo』が伝えている。

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、各国リーグがリーグ戦の中断を余儀なくされている状況のサッカー界。スペインでは政府やサッカー連盟(REFE)からの要請により、選手たちに自宅待機命令が出されている。

 その状況下で苦しい立場にあるのが外国籍の選手たちだ。シストやロシア代表FWフョードル・スモロフ、クロアチア代表MFフィリプ・ブラダリッチの3選手は、家族と離れ1人で自宅にこもらなければならない状況だ。

 クラブは3選手の負担を考慮し、一時的に帰国できるよう働きかけていたようだ。しかし、各国が感染拡大を防ぐために移動制限を科しており、帰国が実現することはなかった。

 その状況に追い詰められたシストは、自身の愛車でデンマークに帰国することを決めたようだ。3月16日の段階で航路が閉鎖されていたことから、3000kmを走破することを決断したようだ。なお、クラブからは今回の件で声明などは出されていない。