プレミアリーグ マンチェスター・ユナイテッド

「ポグバはスケープゴート」元イングランド代表FWが擁護…

ポール・ポグバ 写真提供:Gettyimages

 元イングランド代表FWダレン・ベント氏が、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバを擁護するコメントを残した。英メディア『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。

 2016年に当時の史上最高額となる1億500万ユーロの移籍金でユベントスからユナイテッドに加入したポグバ。ユベントス時代に見せた輝きをユナイテッドでも期待されたが、これまでの活躍が移籍金に見合っているとは言い難いのが現状だ。

 そんなポグバには、サポーターなどから厳しい声が挙がることも少なくない。ユナイテッドが同選手を売却する可能性を指摘するメディアも度々現れている。ただ、ベント氏は、ポグバに対して同情的な意見を持っているようだ。以下のように語っている。

ダレン・ベント

「ユナイテッドがポグバを売却するという話が現実となったら、多くのクラブが獲得に動くだろう。周りの人間は、ユナイテッドがポグバを手放さざるを得なくなると話しているが、ポグバであれば望むクラブへ移籍できるはずだ。

 ポグバのような選手が売りに出て、まだ26歳というであれば、多くの買い手がつくだろう。マンチェスター・シティからオファーをが来ても、リバプールからオファー来ても驚くことではない。一流の選手である限り、世界中のあらゆるクラブで通用するだろう。

 ポグバのクオリティに疑いの余地はない。彼を平均的な選手だと評価する声もあるが、彼は一流の選手だ。

 彼に同情することがある。すべてのことに対するスケープゴートにされてしまっている。試合に出ていないときでも彼は責められ、彼についての話題が尽きない。

 ただ、SNSに関しては彼の邪魔になっている。コンディションを崩したときに、兄弟の結婚式で踊りまわっている。彼の誤った行動が、周囲を刺激しているのも事実だ」