セリエA ミラン

イブラは「天からの贈り物」リーダーが加わり進化したミラン

ズラタン・イブラヒモビッチ 写真提供: Gettyimages

2019年12月22日に行われたセリエA第17節。アタランタに大敗(5-0)したミランのサポーターは悲しいクリスマスを過ごしたことだろう。しかし、あれからわずか1ヶ月で、2020年を楽しませてくれそうな新しいミランの姿が見えはじめている。

1月19日に行われたセリエA第20節ウディネーゼ戦。ミランはとても苦しい戦いを強いられたものの、今シーズンには見られなかったハングリー精神で90分を戦い勝利(3-2)を手にした。ミランはもはや、何をすればいいかわからない若者の集まりではない。彼らを導くリーダーが現れたためだ。

この大きな変化をもたらしたリーダーとは。もちろん他の誰でもない。ズラタン・イブラヒモビッチです。

ズラタン・イブラヒモビッチ 写真提供:Gettyimages

イブラ獲得によるミランの進化

ウディネーゼ戦でミランが獲得した3得点は、イブラヒモビッチが直接決めたものではない。このゲームの主人公は、イブラの存在によって成長している選手たちである。

サム・カスティジェホは、まるで別人のような活躍でサポーターの熱い応援を浴びはじめた(1ヶ月前まではブーイングのみだったのに)。また、これまで役割がはっきりせず控えメンバーとしてしか使われていなかったアンテ・レビッチは、2得点を含めた素晴らしいパフォーマンスを披露し、今後の試合のレギュラーの座を手に入れたと言われている。

また、最も成長が見られ、これからもずっとイブラとコンビを組んでいきそうな選手が、ラファエル・レオンだ。イブラはこのコンビを完璧に成立させるために、自分が求めている動きをレオンに説明しているという。そして、レオンはサッカー界のトップに昇りつめたストライカーからの信頼を感じ、笑顔を取り戻した。彼らの相性はとても良い。ステファノ・ピオリ監督はこれからも彼らに攻撃を任せることだろう…。

Previous
ページ 1 / 2

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。日本語は母国語ではないので、たくさんミスはあるかと思いますが、自分の言葉でコンテンツを書きたいです。よろしくお願いします。

筆者記事一覧