プレミアリーグ 移籍

元レアル指揮官、プレミア挑戦を希望!

サンティアゴ・ソラーリ 写真提供:Gettyimages

 元レアル・マドリードの指揮官サンティアゴ・ソラーリ氏がプレミアリーグへの挑戦を希望しているようだ。17日、英紙『デイリー・メール』のインタビューで明らかになった。

 ソラーリ氏は昨年10月末、フレン・ロペテギ監督に替り暫定監督として就任。その後、一時はチーム全体の状態は上がったものの、チャンピオンズリーグ(CL)やコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)、リーグタイトル獲得も絶望的になると今年の3月からはジネティーヌ・ジダン監督にその座を譲る形となった。その後、フリーの状態が続いているソラーリ氏だが「プレミアリーグで指揮したい」とプレミア挑戦を公言した。

サンティアゴ・ソラーリ

「プレミアリーグで指揮したと思っている。

多くのプレミアリーグの試合を見ているけど、そこはトップリーグさ。歴史的にみても最高点にあると思う。世界のサッカーで最高の選手と監督を多数擁しており、昨シーズンのCLの決勝では2つのチームが勝ち残ったからね」