海外日本人選手 リーガ

安部裕葵、バルサB公式初ゴール!日本人初の快挙

写真: fcbarcelona

 スペインセグンダB(3部相当)のバルセロナBに所属するU-22日本代表FW安部裕葵が、リーグ戦第13節コネルジェ戦で待望の初ゴールを挙げた。バルセロナの公式ツイッターが同選手の初ゴールを動画と共に投稿し、祝福している。

 今夏バルセロナに加入した安部が同クラブBチーム10試合目となる試合で、日本人初の快挙となるバルセロナ初ゴールを記録した。コネルジャ戦に先発出場した同選手は前半22分、味方がペナルティエリア内で相手GKを交わそうとした際のこぼれ球を左足で押し込み、チームに2点目となるゴールをもたらした。なお、試合は3-3の引き分けに終わっている。

 現在20歳の安部は、広島県の瀬戸内高校から2017年に鹿島アントラーズに加入。1年目から13試合に出場し、同クラブではリーグ戦49試合で4ゴールを記録した。バルセロナ移籍後はBチームでの戦いが続いていたが、今月13日のチャリティーマッチでトップチームデビューを果たしている。