リーガ レアル・マドリード

マルセロのレアル入団発表から13年!獲得したタイトル数は…

 2006年11月15日、ブラジル代表DFマルセロのレアル・マドリード加入が発表された。同選手は現在、在籍13年目を迎えている。

 マルセロはマドリードで494試合に出場し、今では同クラブのレジェンド的存在となっている。ラ・リーガとチャンピオンズリーグ(CL)を4回ずつ制覇し、クラブワールドカップも3回優勝するなど、合計で20のタイトルを獲得。外国籍の選手としては最も長い期間マドリードに在籍し、最多勝利(340勝)を達成。現在は副キャプテンも務めており、精神的にも欠かせない存在だ。

 マルセロはブラジルの名門フルミネンセから完全移籍し、18歳でマドリードに入団した。元ブラジル代表DFで同クラブのOBでもあるロベルト・カルロス氏の後継者として期待されていたが、期待通りの活躍を見せている。31歳となった不動の副キャプテンの今後の活躍に注目したい。